正しく「常識」を破ると、一瞬で成果が上がるそうです。

2236viewskanakana

このエントリーをはてなブックマークに追加
96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術

「80:20の法則」などで言われる、80%の収益を稼ぐ20%の中にも、その80%を稼ぎ出す20%がいるという事。

「時間管理」の常識を破る仕事術

・電話は取らない
 着信音は消しておき、都合のいい時間にまとめて折り返す
・メールが届いた→即レスしない
 時間を決めておいて、まとめて読んでその場で処理する。
・すぐ、先延ばしせず、効率的に仕事しない
 本当にすぐやるべきか考え、先延ばしにした方がいいもの、しなくてもいい事など振り分ける
・ルーティンワークをいかに増やすか
 成果に直結する仕事をルーティン化できれば、淡々と成果をあげられる
・速読で情報収集しない
 速読より大事なのは本当に役に立つ本を選ぶ技術

「マーケティング」の常識を破る

・「いいもの」を作るだけではもうからない
 買われるのは「よさそうなもの」
・競合調査はしない
 競合のマネだけでは、ブレイクできても短寿命
・新規顧客獲得に力を入れ過ぎない
 お客さんにとって一番ハードルが高いのは初回
 相手がメリットを感じてくれる理由をつけて既存客に連絡を入れる
・お客様は神様です→中には貧乏神がいる
 付き合わないお客の基準を明確にする
・クレームは宝であるとは限らない
 はっきりとクレームは言わないが、お詫びと対応で済んだミスは深掘りして考えよう
・1回の広告で赤字・黒字を判断しない
 見た時だけでなく、後から購入する場合を考慮する

「人間関係作り」の常識を破る仕事術

・名刺は整理して大事に持っておいてもムダ
 名刺を交換しただけでは、何かあった時に頼れる人脈にはならない
・初対面で覚えてもらうためにアピールしない
 頑張ってアピールするだけでは引かれるだけ
 本当に覚えてもらいたいなら、まず相手を知ろうとすること
・メンターを探して見つけない
 本当のメンターは、見つけるのではなく、見つかるもの
・自分の知識の範囲内で、わかりやすくまとめない
 言われたことをありのまま理解しようとしなければ、新しい学びはない

「スキルアップ」の常識を破る仕事術

・仕事を完璧にしてから提出する
 まず、40点ぐらいで出して相手の反応を見る
・勉強しっぱなしにしない
 アウトプットしなければ、成果にならない
・必要でもないのに英語を勉強しない
 目標もないのに勉強しても、すぐに挫折するだけ
・新聞を毎日読まない
 本当に重要なのは事件や事故ではなく、大きな流れやその背景
・無理にスマホを使いこなそうと思わない
 使いこなして成果が出るものでないなら、頑張ってもムダ
・すべての人に等しく能力があるわけではない
 人は全てにおいて平等とは言い切れない
・「ノマド」と言うと聞こえはいいが、実際は・・・?
 「独立」という体のいい理由でリストラされていないか

「マインドセット」の常識を破る仕事術

・同じ「ポジティブ思考」えも、「何とかなる」だけではだめ
 行動が伴わなければ、ただの現実逃避
・目標にコミットして、目標だけを追いかけない
 結果を生み出すために何をやるべきかあきらかにする
・強い意志だけでは夢は叶わない
 意志が弱かったとしても、その夢の達成のために必要な行動をとらざるを得ないように仕向ける
・継続が力になるとは限らない
 「継続」ではなく、「成果を出すこと」が本当の目標である
・「失敗」をたくさんしてもいいとは考えない
 「うまくいかない事を発見した」と捉えなおすことを忘れない

感想

総体的に言われている事は良く自己啓発系の本に書かれている事を否定しているように見せていますが、実際そうではなく、おおざっぱにまとめると「人の言う事を鵜呑みにするのではなく自分でちゃんと考えろ」という事ではないかなと思いました。これだけ情報があふれかえっている世の中なので、「素直」になにも考えず受け入れる事も大事ですが、本当に自分の最終目的を達成するためにそれが必要なのか、きちんと判断する力が必要かなと思います。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く