世界でいちばん美しい(藤谷治)の書評・感想

1722views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界でいちばん美しい

誰にでも、居場所はある。

これは、僕の祈りだ。

生きていくということは、居場所を探し続けるということだ。どこでもいいわけではない。誰しもが、自分が落ち着ける、才能を発揮できる、認められる、愛される、そんな居場所を探し続けている。その居場所をすんなりと見つけられる人もいるだろう。生まれた時からそんな居場所を手にできている人もいるかもしれない。でももちろん、相当苦労しなくてはその居場所を手に入れられない人もいれば、死ぬまで居場所を手に入れることが出来ない人もいるだろう。

ヘンリー・ダーガー

本書を読んで、その芸術家のことをふと連想した。
彼は、73歳まで掃除人として働き続けた。最後は、救貧院で死んだ。死後、彼の部屋を見た人物が驚愕した。そこには、彼が19歳の時から書き始めた「非現実の王国で」という<世界一長い小説>が、そしてその小説の挿絵とした大量の絵が残されていた。ヘンリー・ダーガーは死後、アウトサイダー・アートの代表的な作家として評価されるようになった。

彼には居場所はあったのだろうか?半世紀以上に渡って、外では掃除人として働き続け、家では芸術家として存在した。誰にもその存在を知られなかった芸術家ではあったが、彼には「非現実の王国で」という物語の世界そのものが居場所になっていただろうか?彼のことについて、詳しく知っているわけではない。ただ本書を読んで、ふと連想しただけだ。

この物語は、居場所を探し求め続けた二人の男が織りなす物語、と表現できるかもしれない。その一方が、子供の頃天才的なピアノの才能を発揮し、様々な事情から音楽的な教育をきちんと受けられないまま、市井の作曲家として皆に愛された<せった君>だ。

『彼のためにできていないよ、現実は…』

ある人物が発したこの言葉が、彼を端的に表現している。せった君は、音楽以外の場には馴染めなかった。学校の勉強にも、子供らしい友達付き合いも、社会人としての有り様も。特殊な環境に彼がいるのでなければ、せった君はまともに社会の中に自分の居場所を見つけることは出来なかっただろう。

『美しい人間には、人を美しくする力がある。美しい人間とは、人を美しくする人間のことだと。』

そしてまたこの言葉も、せった君の一面を端的に現すだろう。
せった君は、大いに愛された。それは、彼が生み出す音楽の魅力だけでは決してなかった。せった君という、その存在そのものも、大いに愛されたのだ。それは「純真」という表現が一番近いだろうが、主人公の目から見たせつ君は、きっとその表現では表しきれないのだろう。

本書は、小説家である主人公が、せった君の美しさをどうにかこの世界に繋ぎとめようとして書き続けてきた小説でもある。子供の頃から主人公は、せった君についての文章を書いていた。そして主人公は、その時々でせった君に関する文章を書き足していき、せった君という美しい存在を、ごくごく平凡な自分の前に存在した素晴らしい存在を、どうにかこの世界に固着させたいと願うのだ。

『もし、このとき私が彼の目に光っていたものを、彼の目に私がとらえたものを、しっかりと表現できれば、それは芸術の秘密をひとついい当てたことになるのかもしれない。なぜ芸術は、どんなに文明や技術が進んでも、ついに人間のいとなみであるのか。機械でも、情報でもなく、生々しく不完全で限界のある、そして一人の例外もなくちょっと馬鹿みたいな、人間という存在だけが、芸術を作り出すことができるのか。それはあのときのせった君の目の光によって説明できると、私は信じている』

感想

世界の片隅で、誰もが居場所を追い求めている。純真さしか武器を持たない者。安住することを恐れる者。与えられた居場所に満足できない者。ここしかないという居場所を見つける者。そして、居場所を与える者。不幸な交錯が、世界を一瞬で奪い去っていく。これは、そういう物語だ。
是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く