「謙譲語Ⅰ」と「謙譲語Ⅱ」の違い

5496views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
正しい敬語が面白いほど身につく本

謙譲語とは

自分側を低めることによって相手側を高める言い方が「謙譲語」です。「謙譲」とは、「へりくだって、ゆずること」です。

「申し上げる」と「申す」の違い

同じ自分の行為を低める言い方でも自分の行為が目の前の相手か、もしくは話の中の第三者に明らかに向かって行うものの場合、指針は「謙譲語Ⅰ」に分類し、「謙譲語Ⅱ(丁重語)」と区別しています

でも、「申し上げる」(謙譲語Ⅰ)と「申す」(謙譲語Ⅱ)の違いではっきりするのではないでしょうか。「申し上げる」というのは、「話す、言う」という自分の行為が誰か目上の人に向かっているというイメージです。

「社長にひと言、申し上げます」
「先日、部長にも申し上げたのですが」

という言い方の先には、敬うべき社長がいたり、部長がいたりします。

一方、「謙譲語Ⅱ」に分類される「申す」は、自分の行為だけが強調され、誰かに向かっているイメージはありません。「社長にひと言、申します」という言い方には、なにか不自然で迫力がありません。「申します」という言葉に向かう先のイメージがないからです。

「お」「ご」が付くのは謙譲語Ⅰのほうだけ

謙譲語Ⅰは「先生へのお手紙」といったように、自分側の物事に「お」「ご」をつける場合もありますが、謙譲語Ⅱにはありません。自分側につけるのは「小」「弊」などです。

行為の向かう先を高める謙譲語Ⅰ「伺う・申し上げる」型

謙譲語Ⅰを理解するためには、謙譲語Ⅱと比べましょう。また、謙譲語Ⅰは、

《自分側から相手側または第三者に向かう行為・物事などについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの》

“向かう先の人物を立てる”言い方ですから、向かう先の人物がはっきりしている場合といってもいいでしょう。たとえば、自己紹介で、「今日からお世話になる山田と申します」という言い方は、向かう先がありません。みんなの前で、自分の名前をへりくだって言う謙譲語Ⅱです。

「わたくしどもの部長が申すには」も同じで、話に出てくる自分側の人物の行為をへりくだって表現する謙譲語Ⅱです。一方、次はどうでしょうか。「山田と申しますが、皆さまに申し上げたいことがあります」これは、不特定ではありますが、「皆さま」というはっきりした対象、すなわち向かう先があります。これが、謙譲語Ⅰです。他の例をあげましょう。

伺う、お伺いする、差し上げる、存じ上げる、拝見する、お目にかかる、お持ちする、お届けする、ご覧に入れる

行為ではなく物事に謙譲語Ⅰを使う場合は?

以上は、自分の行為を、その向かう先に対してへりくだることによって向かう先を高める(立てる)場合です。つまり動詞としての謙譲語Ⅰです。謙譲語Ⅰには、自分側に属する物事をへりくだった言い方をすることによってその向かう先を高める場合もあります。

「部長へのお手紙」「課長へのご説明」といった場合です。「手紙」も「説明」も自分側に所属するものです。そしてその物事が向かう先もはっきりしています。「お」「ご」をつけることによって、謙譲語Ⅰになるのです。では、次はどうでしょう。「部長からのお手紙」「課長からのご説明」こちらは、尊敬語です。

「存じ上げる」と「存じる」「存じている」

「存じ上げる」は、知っていることを“知っている先”(向かう先)に対してへりくだって表現する謙譲語Ⅰです。「存じる」「存じている」は、謙譲語Ⅱです。

自分の行為を丁重に述べる謙譲語Ⅱ(丁重語)──「参る・申す」型

謙譲語Ⅱ(丁重語)について指針はこう定義しています。

《自分側の行為・物事などを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの》解説として、謙譲語Ⅰとの違いをこう説明しています。この指針でなぜ区別したかの理由も含んでいます。

《謙譲語Ⅰと謙譲語Ⅱは、類似している点もあるため、どちらも「謙譲語」と呼ばれてきたが、謙譲語Ⅰは〈向かう先〉(相手側である場合も、第三者である場合もある)に対する敬語、謙譲語Ⅱは〈相手〉に対する敬語であり、性質が異なる。》

具体的には、次の言葉がこの分類に入ります。

参る、参ります、申す、申します、いたす、おる、存じる、存じている、承る、承知している、かしこまる
小社、小生、弊社、弊店、拙宅、拙著、愚息、粗品

上の3行目は名詞の謙譲語Ⅱですが、主には、手紙など文書に使う場合が多く、話し言葉では不自然に聞こえる場合もあります。

謙譲語ⅠとⅡのどちらでもOK

では、向かう先と話をしている相手が同じ場合はどうなのでしょう?同じ場合は、実際にはよくあります。たとえば、電話で取引先の部長と話しているとします。明日、訪問する約束をするときの会話です。

謙譲語Ⅰ→「明日、部長のところに伺います」
謙譲語Ⅱ→「明日、部長のところに参ります」

どちらの言い方も正しい敬語の使い方です。指針は、《話や文章の〈相手〉が一致する場合に限っては謙譲語Ⅰと謙譲語Ⅱは事実上同じように使うことができる》と指摘しています。要は、どちらも誤用ではありません。しかし、行為の向かう先がはっきりし、あきらかに“立てるべき人”なので「伺います」のほうが心地よいため、実際にも「伺う」を使う場合のほうが多いようです。

「ます」の使い方

謙譲語Ⅱは、一般に「ます」を伴って使うほうが多く、自然です。とくに、話し言葉では。指針は、謙譲語Ⅰは「ます」を伴わずに使うことができる、と言っています。

感想

2007年敬語の指針より、敬語が3から5種類に変更となった点が書かれています。詳しく敬語を知りたい人におすすめの本です。特にわかりにくい謙譲語の違いを説明しました。敬語は大人になってから大事なので、1冊は敬語本を読んでおきましょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く