糖質制限食が人の食生活に合っている歴史的理由

2705viewsノウハウ本太郎ノウハウ本太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
満腹ダイエット (プレジデントムック dancyu)

人という動物が地球に登場したのが約400万年前といわれています。そして、米や小麦などの穀物を栽培し主食にするようになったのが1万年くらい前のことです。それ以前の399万年は、狩りでとった動物の肉や漁でとった魚なんかを中心に食べていたから、糖質を食べる機会はとても少なかった。

そして、人の身体は、399万年かけて、糖質の少ない食生活に合わせたしくみを備えてきた。つまり、糖質の多い食事は、本来、人の身体には合っていないのです。

それでも、つい半世紀くらい前までは、運動の量が多く、穀物も現代のような白いお米や白い小麦粉ではなく、玄米や全粒粉という形でした。だから、糖質を多く食べても、肥満ホルモンであるインスリンをそれほど出さずにすみました。

でも、現代の食生活だと肥満ホルモンがたくさん必要になってしまいます。現代人に肥満や糖尿病が多いのも、糖質の多い食事の無理が表面に出てきた結果です。つまり、今の時代の人が太りやすいのは、糖質の多い食事に原因がある。

糖質制限食は、人という動物に自然なものです。だから、病気にも肥満にも効果があり、美容にもよいと考えることができます。

感想

ちょっと糖質制限食してみようかな?

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く