NARUTO14巻-追撃と追跡-

5312views気になる本気になる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
NARUTO―ナルト― 14 (ジャンプ・コミックス)

新しい登場人物

歴代の火影

  • 初代火影

  木遁の術を使用する。初代火影のみが使える技。

  • 二代目火影
  影分身の術、穢土転生の術等を開発。

本のあらすじ

追跡

ナルト達はサスケを追っていたがカカシの忍犬であるパックンが追跡してくる者の存在に気付く。そして影真似の術を使えてかつ頭の回転が速いシカマルが足止め役をかってでる。シカマルは上手く追跡者たちを影で縛ることに成功するがもう一人出来が居た。シカマルは万事休すとなるが、そこにアスマが救援に駆けつけなんとか助かることができた。

火影vs火影

大蛇丸は穢土転生の術で初代火影と二代目火影火影を呼び出す。そして三代目と戦うことになる。三代目は防戦一方で攻撃を与えても損傷箇所が回復する穢土転生の術には無意味であった。そこで三代目は屍鬼封尽の術を使用する。初代と二代目を封印し大蛇丸も封印しようとするが背後から剣を刺されてしまう・・・。

追跡者『達』

サスケは我愛羅たちを追跡し追いつくことに成功する。しかしカンクロウに足止めされるがそこにシノが現れる。シノの蟲とカンクロウの傀儡の術がぶつかる。そしてカンクロウの多彩な攻撃の中でシノは毒を吸い込んでしまう。しかしシノは蟲の特性を活かして相手の潜伏先を探し、カンクロウを倒すことには成功した。

術紹介

  • 屍鬼封尽・・・自分の命と引き換えに相手の魂を封印する。
  • 木遁秘術樹海降臨・・・あたり一面を木で覆いさらに相手を木で縛り付ける

NARUTOまとめのまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2138584298830461301

感想

今回の火影対火影はLevelが違いすぎました。NARUTOの世界の一般的な忍者の遥か上を行ってます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く