FXで2割の勝者になるための7つのヒント

2538viewsおすすめ本を紹介!おすすめ本を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
「僕らはもっと自由になれる」3年で10億円稼いだ私の成功法則 (角川フォレスタ)

1. まじめにFXに取り組む人は高確率で勝者の仲間入りをしている

FXは誰でもラクして儲けられるといっていますが、決して何も考えないで成功するということではありません。最初に正しい知識を身につけて、ルールを守って行えば、時間もかからず仕事や家事をしながらでもラクに儲けられるようになります。

FXにチャレンジする多くの人は、この一番大事な部分を省いてしまっているのです。だから、FXで資金を失うのです。そして、そういう人たちがFXは危ない、FXなんてうまくいかないとふれ回っているだけです。本来は、リスクも自分でコントロールでき、毎月安定して稼ぐことも可能な投資なんです。

FXで成功する人はトレーダー全体の2割。実際、FXトレードを行っている人の中には、ろくに勉強もせずにいきなりトレードの世界へ入ってくる初心者も数え切れないほど多くいます。

こういう人たちは手っ早くFXで稼いでやろうとトレードを始めて、うまくいかずに退場していきます。まじめにFXに取り組もうと学ぶ姿勢の人はかなりの高い確率で勝者の仲間入りをしています。

2. 資金管理を徹底する

トレード以前に大事なことは、身の丈にあった資金を使って安全にトレードを行うことです。FXで豊かさを実現しようと思ったのに、破綻してしまったのではシャレになりません。そのためにも資金管理は大事。

トレード口座に入れるお金をいくらにするのか決めて、それを守ることができれば、たとえ損失が出てしてしまったとしても、損失はFX口座に入れたお金だけで済みます。
また、掛け金(ロット数)は、自分の資金量に合わせて調整しましょう。負け組のほとんどが、この資金管理を無視して資金量に合わないロット数でトレードし、一瞬で資金を失っています。

間違っても、強制ロスカットを免れるために追加入金をくり返すようなことは絶対に避けてください。追加入金する場合は、勝っているときにするとか、毎月3万円ずつなど自分でルールを決めて例外を認めないようにするといいでしょう。長くFXを楽しみながら投資し続けられるよう、余裕のある資金で少しずつ始めてください。

3. トレンド・レンジを把握し、ライントレードを取り入れる

FX相場は大きく分けて、
①上昇トレンド
②下降トレンド
③レンジ相場

の3種類しかありません。
今の相場はこのうちのどれに当たるのか、トレード前にライントレードを活用してしっかり把握すること必要です。ライントレードを活用することで、適切なエントリーポイントや決済ポイントを導き出すことができます。

4. チャートパターンを覚える

勝ちやすい相場だけでトレードをすることがFXで勝者になる早道です。そのためには、勝ちやすいチャートのパターンをしっかり頭に入れておいて、相場を観察しながら、パターンに当てはめていくことが大事です。

5. 損切りと利益確定のバランスを考える

損切りのポイントは、「エントリーから○Pips 下」などと数値だけで決めると失敗します。きちんとチャートを読んで、その相場に合わせて意味のあるポイントに置かないと、損切りばかりになり、いわゆる損切り貧乏になってしまいます。

6. 順張りと、逆張りを理解する

相場は方向性が出たらその方向性が継続しやすいです。そのため、相場の流れに沿った順張りトレードを行ったほうが成功率は高くなります。つまり相場が上昇のトレンドにあるときには買いでエントリーし、下降相場のときは売りエントリーが基本です。
逆張りは、下がったら買う、上がったら売るというスタンスなので、勝率が低くなります。

7. エントリーしすぎないようにする

1日に何十回、何百回と、頻繁にトレードをしている人よりもエントリー数が少ない人のほうが成功している確率が高くなります。

FXは確率論なので、どんなに勝てると思われる相場でも、必ずその通りに動かないもの。つまり、儲けるよりも損をする可能性にスポットライトを当てて、勝ちやすいところだけに絞ってトレードする、という思考することが必要なのです。

感想

FXで勝つための正しい知識を教えてくれます。トンデモインチキFXテクニックにだまされないために、正しいFXの知識を学ぶのにおすすめの一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く