ネット速読の達人ワザの要約まとめ

1774viewsたけたけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ

1
・情報の重要度は数当たるうちに勘が働くように
2
いいツイッタラーを見つけるには
・ツイナビ
・情報のハブになっている人が作ったリスト
・トゥギャッター(特に今週人気のまとめや注目のまとめ)
・ツイッターランキング上位者(@ツイナビ)
・被リツイート者の中から
・おすすめユーザー
・リンク先をまとめて読むにはpaper.liが見やすい
・情報発信する人に情報は集まる
3
主な情報源 +使えるiPhoneアプリ
&情報収集の流れ
以下筆者にとっての重要度順に: 
・Twitter
→公式アプリを。
・rss
→ブログの更新状況をまとめて知りたい時に便利。readerを。
・メルマガ
→Twitterなどより情報がまとまってる
・2chまとめ
→予め管理人というフィルター。2ちゃんねるまとめサイトリーダーを。2chを直接読むにはbb2cを。
・タンブラー
・はてブ
→はてなブックマークを。
・Facebookで誰かに教えてもらう
・以上iPhoneでざっと見ていく
→気になった情報はinstapaperへ→後でpcで読む→保存しておきたくなったものはEvernoteに
4
面白い情報の判断基準(ネタフル管理者である著者の視点から)
・基本はタイトルで判断
・流行りのネタ=繰り返し見かけるネタ
・これから流行りそうなネタ=なんとなく気になるネタ
・仕事に使えそうなネタ=自分が興味があるネタ
パソコンのブラウザの使い方&様々な検索テク
・タブ機能でテーマごとに1つのウィンドウでまとめて開く
・Safaristandがおすすめ
・ショートカットキーやWebクリッパーで時間短縮
・知らない単語は「ーーとは」で検索
・検索エンジンによる候補を利用して絞り込み
・検索演算子を利用して絞り込み
・ブログ検索でまとまった、比較的速い情報を得る
・リアルタイム検索で今の情報を得る
・ニュース検索を利用
5
パソコン画面上の文章の速読術
・ページ内でキーワード検索→キーワード周辺の重要な部分だけをつまみ読み
・↑はGoogle検索の「キャッシュ」をクリックしても可能
・長文は部分的にドラッグで反転させたり、ブラウザの横幅を縮めたりすると早く読みやすい
・文字を拡大や縮小して読みやすくする
・プロの書いた文章は概要と結論が最初にあるが、その他のブログは一概にそうと言えない
・ニュースサイトは直接ではなくrssを読んで取捨選択する
・広告が邪魔ならinstapaperのテキストモードを活用
・信憑性に疑いが持たれる情報は、少し待って誰かが訂正しないか確認
・YouTubeには高速再生モードがある
6
その他
・口コミはTwitter検索で
・商品、サービスについて調べる際の検索使い分け例(Web検索→公式情報、ニュース→〃、ブログ→レビュー記事、リアルタイム→話題性)
・「知る人ぞ知る」情報は、誰かの手を借りて集めるのも手(2ch、Q&Aサイトなど)
・autopagerizeで複数ページにまたがる記事を1ページにまとめて時間短縮

感想

2年前の本なのでGoogleリーダーなどなくなっているものも少しだけあるが、ほとんど今も使えるものばかり。ツールの使い方も丁寧に解説されているので、気になった方はぜひ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く