ノーサイドじゃ終わらない(山下卓)の書評・感想

1844views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーサイドじゃ終わらない (幻冬舎文庫)

メチャクチャ良い小説を読んだ。今年読んだ本の中でもトップクラスかもしれない

高校時代のラグビー部の勝治先輩が亡くなった
高校時代の友人とは音信不通だった沢木は、奥多摩を出て久方ぶりに地元に戻った。実に15年ぶりだ。
先輩の死は、ギャグみたいなもので、ニュースにも取り上げられるほど大きな事件だった。
ヤクザの事務所にマシンガンを持ってぶっ放し、返り討ちに遭って死亡。勝治先輩らしいと言えばらしい。
久々に顔を合わせたラグビー部の面々。変わっていないようで、やっぱりみんな、それなりに色々ある。
マネージャーだった翔子は、沢木たちと同期の牧瀬と付き合っていたのだけど、結婚寸前で牧瀬が結婚を撤回。翔子はようやく立ち直り掛けている。牧瀬は、勝治先輩の葬儀にも来なかった。
結婚して子供が出来ている者が多い中で、沢木自身は離婚をしていた。その理由は、かつて沢木が書いた記事にある。
週刊誌のライターをやっていた沢木は、恐ろしく恵まれた環境に生まれながら吉原嬢をやっているまどかという少女の存在を知る。取材を続ける中でまどかに心酔していった沢木。彼女を描いたルポは反響を呼び、しかしそれが原因で彼女は自殺した。
沢木は、自責の念に耐え切れずに雑誌の編集部から去り、まどかへの手紙のように綴った小説がヒットし、一応今は小説家ということになっている。
「アホなことして死んだよね、ホント」という、悼むというよりは勝治先輩のらしさを偲ぶようなのんびりとした雰囲気が一変したのは、勝治先輩の襲撃事件に共犯者がいたという報道を見た時からだ。
週刊誌記者時代の勘が、沢木をざわつかせる。
葬儀にも顔を出さなかった牧瀬は、今は引きこもりのような状態になっているらしい。せっかく帰ってきたんだから、牧瀬にも会ってやれよと言われて向かうつもりでいたけど、まさか牧瀬が…
というような話です
これは凄かったなぁ。久々に、充足感のある小説を読んだ、という感じ。一週間にも満たない期間の、しかも高校時代の同級生ばっかりが出てくるような、どう考えてもスケールが大きくなりようがなさそうなストーリーを、見事な設定と展開で先が気になる物語に仕立て上げ、さらにその中で繰り広げられる人間ドラマまで描きこまれている。様々な事実が少しずつ明らかになっていき、しかもそれらが大きな全体と分かちがたく結びついていく。沢木がこれまで辿ってきた人生を一旦総決算させるような、濃密で人間味溢れる数日間の物語は、読む者を爽やかに「日常の少し先」に連れ去ってくれることでしょう
まずストーリーそのものについて触れよう。あまり触れられることは多くはないのだけど
物語は、勝治先輩がやらかしたギャグみたいな事件から始まる。しかしその「ギャグっぽさ」は、その事件の一面でしかなかった。その事件には、もっと複雑な背景があって、そしてそこには、沢木の知り合いが、つまりラグビー部の面々が直接間接的に関わっているのだ
その中核にあるのが、翔子と牧瀬の結婚の破断と言っていいかもしれない
マシンガンをぶっ放す襲撃事件と、ラグビー部内の結婚話のどこに接点があるのか。それは読んでもらうとして、「二人の結婚の破断」という極々私的な、社会全体からすれば物凄く小さな出来事(本人同士にとってはとてつもなく大きいだろうが)が、マスコミやヤクザまで巻き込むようなとんでもない事態を引き起こしているという設定が面白いし、しかもそれが不自然ではないように実に上手く作りこまれている。翔子と牧瀬の結婚の破断の背景には様々な事実や状況が横たわっていて、しかもそれらはなかなか表に出てこない

感想

そしてこの永田の存在さえも、物語を織りなす重要なピースの一つだというんだから恐れ入る。本当に、その構成力には圧倒されるし、物語の展開のさせ方がとても巧いと感じる。主要な登場人物それぞれに、個々の物語があり、それらが全体と大なり小なり関わっていく。見事だなと思う。
大人の世知辛い人生や人間関係が描かれ、またマシンガンでの襲撃事件やヤクザなんかが関わってくる、どう読んでも爽やかとは言えない設定の物語なのに、読むとどうしてか、青春小説のような爽快感があるという不思議な物語だと思います。それぞれの人生に、どうやって落とし所を見つけていくのか。その過程で生まれる必死さや優しさを愉しむ小説です。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く