高い店、安い店は基準ではなく、「旨い」が唯一の基準である、本当にすべらないお店

2394viewsytczxytczx

このエントリーをはてなブックマークに追加
人志松本のすべらない話のプロデューサー将佐々木のすべらない店

すべらない店選びの十則

一、おしぼりを気にしてくれる店である
一、ケータイが通じる店である
一、左利きにもやさしい店である
一、注文を取った店員が、他のテーブルに寄り道をしない店である
一、予約時に品切れメニューを教えてくれる店である
一、天井まで壁が通った個室がある店である
一、つまようじのある店である
一、最後に、暖かいお茶が出される店である
一、「旨い」と言える、言いたい店である
一、右記条件に例外を認めたくなるほどの、何かがある店である

※※※※※以下は、すべらない店の一部抜粋です※※※※※

第一章 すべらない★鍋

【四季火鍋 花椒庭】の「火鍋コース」
【和楽惣】の「納豆鍋」
【博多もつ鍋 五空】の「カレーもつ鍋」
【石鍋のぐち】の「石鍋」
【玄海 本店】の「水炊き」

第二章 すべらない★肉

【永田町 黒澤】の「用心棒」
【沖縄料理 アダン】の「アグー鍋」
【HAL YAMASHITA 東京】の「神戸牛ロース炭火焼き雲丹ソース生雲丹のせ」
【西麻布 鶏繁本舗】の「そぼろ丼」
【和牛料理 さんだ】の「おまかせコース」

第三章 すべらない★魚介

【ロイズ東京 バー&グリル】の「銀ダラの味噌焼き ロミロミトマトヴィネグレット」
【ハル】の「あんこう鍋」
【すし兆】の「ばらちらし」
【龍天門】の「石なまこの醤油煮込み」
【八竹亭】の「鮭のバター焼き」

第四章 すべらない★麺

【麻布とさか】の「鳥煮込みラーメン」
【鉄板焼き 高見】の「オムそば」
【蟹漁師の家】の「たらばのトマトクリームスパゲッティ」
【松玄】の「納豆ぶっかけ」
【赤坂 榮林】の「元祖榮林酸辣湯麺」

第五章 すべらない★一品

【華屋】の「長葱のとろとろスープ」
【イタリア式食堂 CHIANTI】の「森のサラダ」
【莫莫居】の「団子汁」
【金のおでんダイニング 羽重】の「金盛り」
【とらくまもぐら】の「肉じゃがカレーライス」

感想

「人志松本のすべらない話」のプロデューサー佐々木将さんが、フジテレビ入社以来、十数年、接待接待、また接待という中で、徹底した事前調査を繰り返し、独自のリストを作り上げたそうです。

本書に出てくる珠玉のすべらない店は、接待用の高級店は少なく、気軽に行ける店が多く、中には多くの方が知っている店も出てきます。【BAR酒場】の「日清やきそば」600円や【ひさご家 阿部】の「レバーフライ」140円など、本当に「旨い」という基準で選んでいます。

接待だけでなく、デートや合コンなどにも使えるお店もあるので、みなさんの「すべらない店」リストに加えることができる店が見つかるのではと思います。

本のまとめカテゴリー


コメントを書く