成功するための作法

2143viewsace1231hkace1231hk

このエントリーをはてなブックマークに追加
成功を手にする人のちょっとした作法 [kindle版]

この本は、作法本

  • 成功を手にするための作法が記されている。
  • 茶道や華道、冠婚葬祭や料亭で食事をするときに作法(マナー)があるように「成功を手にするため」の作法がある。
  • 作法は、時として、マナー以前のマナーであり、マナーを超えるマナーでもある。
  • 成功者は、そんな特別のマナーをいつの間にか身につけ、あるいはもともと身に備えていて成功を手にした人たち。

身だしなみ・心がけの作法

  • 鼻毛を出さない。
  • 涼しげに汗を拭く。
  • 足が臭そうじゃない。
  • 潔くハゲる。
  • 手をあげると、すぐにタクシーが止まる。
  • お宅を拝見させない。
  • 物持ちがいい。
  • 電車内で座らない。
  • チェックアウト前にそうじをする。
  • まじめに教わる。
  • 茶柱がよく立つ。

食べ方の作法

  • ペロッと平らげる。
  • 「おいしい」と言う。
  • 瓶ビールを注文しない。
  • つまようじでシーハーしない。
  • とりあえず、かじる。
  • ピンチをおかずにご飯が食べられる。

人間関係の作法

  • 数少ない友だちを大切にする。
  • 若い同性が好き。
  • 鵜飼いの鵜になる。
  • 上司に余命宣告する。
  • あまり握手をしない。
  • 師匠にぞっこん。

お金・時間の作法

  • 上司におごる。
  • 会社のトイレットペーパーを短く使う。
  • ポンと1万円札を出さない。
  • 現金で心をつかむ。
  • 給料日に豪遊する。
  • 預金通帳を見て、ニンマリしない。
  • 忙しいのに忙しそうじゃない。
  • 夢中になって、夢中にさせる。
  • お金より時間を大切にする。
  • 近所の定食屋では10秒以内に注文する。

話し方の作法

  • おみやげ言葉を用意する。
  • 結婚式のスピーチで緊張する。
  • 語らない。
  • 「おまえのためを思えばこそ…」とは言わない。
  • 全力でゴマをする。
  • 決断力があるように見せる。
  • 咎めない。
  • 人生をマラソンに例えない。
  • 「はい」ではなく「はいっ!」。

自律の作法

  • 風邪をひかない。
  • 独房に入る。
  • ニワトリよりも早く起きない。
  • 一日に三回、話を変える。
  • 「開」のボタンを安易に押し続けない。
  • ゴルフで90を切らない。
  • 威張らない。
  • 余韻を残す。
  • 宝くじを買わない。

生き方の作法

  • 世界標準だと知る。
  • 暑苦しいほど、執着する。
  • 行列を見過ごさない。
  • カーナビより自分を信じる。
  • 正面玄関から入る。
  • 「評価」を待つ。
  • じゃんけんが強い。
  • 雑用のチャンピオンになる。
  • ウルトラマンに嫉妬する。
  • 感想

    著者は、ゴーストライターとして、数多くのビジネス書を執筆されており、その経験の中で導きだされた共通点が、この本には、凝縮されていました。また、これらを実践し、実際に経営者として成功されているのが、説得力が増します。人生を成功する為のヒントがこの書にはあると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く