マンションを買ったら得する人、損する人。マンションは購入と賃貸どちらが得なのか?

3514views読魔女読魔女

このエントリーをはてなブックマークに追加
現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

マンションは購入と賃貸どちらが得か?

「家賃がもったいない」という理由で、購入を検討するお客様は多くいます。「家賃がもったいない」ということは「買った方が得だ」と考えているということになります。買った方が得なのか、買った方が損なのかは前提条件によって変わります。

買った方が得な人

「買った方が得」なのは、買ったマンションの資産価値が買った価格よりも上昇していれば得だということになります。上昇しなくても同等であればローン返済後に自分の資産として残るので資産形成として得だということになります。

ただし、買った場合は管理費も考慮にいれる必要がありますし、建物の資産価値を維持するためには大規模修繕を行っていかなければならないので修繕積立費も必要となります。また、固定資産税や都市計画税も毎年かかります。

以上のように賃貸であれば必要ない費用も結構かかるので、ローン返済額にランニング費用をプラスして家賃負担との比較をして下さい。その比較が家賃と同等で資産価値が購入価格よりも高ければ「買った方が得」といってよいのではないでしょうか。

買ったほうが損をする人

そして「買った方が損」するのは購入したマンションが値下がりする場合です。繰り返しになりますが、一番よくないケースはローンの残債のほうが資産価値よりも多い場合です。この場合は売却してもローンが残ってしまうので、引っ越ししたくてもできないような事態に陥ります。マンションがマイナスの資産になってしまうのです。これであれば、「買わないであのまま賃貸にしておいたほうがよかった」ということになるのです。

結局どっちが得でどっちが損ということは、そう簡単に言えることではないのです。だとすれば「家賃がもったいない」から買いましょうと煽る営業マンを信頼していいのでしょうか?その営業マンは知識不足か誠実さが足りないのかのどちらかです。

感想

消費税増税前にマンションを買うべきなのか悩んだので購入。やすければいいというわけでもないし、消費税増税の前に駆けこむ必要がないことも理解出来ました。しかし、立地がいいマンションはなかなか手が届きません。マンションを買うべきか悩んでいる人は読んでみるといいかもしれませんね。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く