整理の流れを作り時間の効率を高めるGTDを活用した整理術!

5047viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

大物と凡人をわける違いの一つはおそらく、気になることや心配事から気持ちを切り離し、心を穏やかに保つ能力である。

やらなければならない様々なことが、漠然と頭を占有し続けている。これこそが、時間とエネルギーを最も消費しているものの正体だ。

全ての気になることを頭の外に出し、収集システムに取り込む。

頭の中に気になることを保存しておくことこそが無駄。

今すぐやる:二分以内でできることならば、ただちに実行する。

誰かに任せる:二分以上かかることは、自分がやる方がよいかどうか考えてみる。答えがノーなら、他の人や部署に回す。

あとでやる:二分以上かかり、自分がやるべきことなら、次に取るべき行動リストに加え、適切なタイミングで見直せるようにする。

全てはこれ以上できないというレベルまで単純化する必要がある。

脳内自動プランニングモデル:目的と価値観を見極める。結果をイメージする。ブレインストーミングをする。思考を整理する。次にとるべき行動を判断する。

時間を有効に使っていない人間こそが、時間がないと愚痴をこぼす。

行動に二分以上かかるメールのフォルダを作る。

やるというプレッシャーから逃れ、やったという平安を得よう。

次にとるべき行動を決めることをルールにしよう。

次にとるべき行動を考える習慣を。

グチが聞こえてきたときは、変えられる状況があるのに行動を怠っている、あるいは変えられる部分を考えるのを怠っている人がいるサイン。

行動のはっきりとしていない目的は、ただの夢です。目標のはっきりしていない行動は、ただの徒労です。目標と行動が結び付いた時、それが世界に希望をもたらす。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く