保険料を割安にするなら「まとめ払い」がお得です!

2589viewsmaikomaiko

このエントリーをはてなブックマークに追加
「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本

まとめ払いがお得!

保険料の払い込み方法は契約時に選択しますが、契約の途中で変更することも通常は可能です。まず、保険料の払い込み方法(回数)には、毎月払い込む「月払い」、半年ごとに払い込む「半年払い」、毎年1回払い込む「年払い」、全部の保険期間分の保険料をまとめて払い込む「一時払い」などがあります。

どれがお得かというと、一般的に、月払いより半年払い、半年払いより年払い、年払いより一時払いというように、まとめて払い込む方法をとるほど保険料が割安になります。というのは、口座振替の回数が減る分だけコストが減るからです。

保険料以外でもまとめ払いはお得!

まとめ払いすればお得になるものは、なにも保険料だけではありません。NHKの受信料や自営業者の国民年金の保険料など、まとめて支払った方がお得になるものはたくさんあります。「月払いなら大丈夫だけど、一年分請求されるのはドキドキもの」という人は、まとめ払い用の口座をつくって、毎月ざっくりとした額を移動していくとうまく節約できます。

また、将来の保険料をまとめて払い込む方法として、「全期前納」や「一括払い」があります。「前納」は半年払いや年払いの保険料をまとめて数回分払い込む方法で、保険期間の全部を支払う場合は「全期前納」と呼ばれます。

また、「一括払い」は月払いの保険料をまとめて数回分払い込む方法です。いずれも、保険料をあずけた分だけ利息がつくので、その分だけさらに保険料が割安になっています。

前もって保険会社にあずけておいて、払い込むべき期日が来るたびに保険料にあてていくイメージです。契約が途中で消滅した場合には、保険料にまだあてられていない部分のお金は返還されます。

なお、預貯金や保険の満期金、退職金などまとまったお金が入ると、「このお金で、残りの保険料をまとめて払ってしまいたい」と思ったりしますね。一時払いや全期前納は、保険会社・保険種類などによって取り扱いがまちまちなので、まずは可能かどうか保険会社に相談してみましょう。

中には、両方できるという会社もあります。その場合には、「保険期間分を全部払う方法なら、一時払いと全期前納ではどちらが得?」という疑問もわきます。結論から言うと、一時払いの方が、支払う保険料の総額自体は安くなります。

ただし、生命保険料控除の視点から言うと、一時払いの場合は、最初の年の1回だけしか受けられません。一方で、全期前納であれば、あずけた年払保険料を毎年取り崩して充当するしくみなので、保険料控除を毎年受けることができます。

保険料控除を積み上げていくと、かなり大きな効果となるので、実質的な保険料負担の合計額で見れば、全期前納が一時払いより不利とは限らないと考えます。

また、生命保険で保険料の払込期間中に亡くなると、一時払いであっても全期前納でも、死亡保険金が受け取れる点は当然、同じですが、それに加えて、全期前納であれば、未経過の期間分の保険料が返還されます。

つまり、全期前納の方が、一時払いよりも受取総額が多くなるわけですね。全期前納のように全期間分に限らず、数カ月だけ保険料の前払い(前納)に充当することもできます。

ただし、保険料口座振替特約や団体扱特約などがついている契約では、保険料の前納や一括払いが原則としてできないため、保険会社への相談が必要です。

もし、月払い契約で、途中で数年分を前納するという場合は、保険料の払い込み方法(回数)をまず年払いに変更します。次年度分以降にまとめて払い込む保険料については、前納による割引が適用されます。そして、その保険年度の最終月までの数カ月分の保険料については、保険会社の定める方法によって払い込むことになります。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


gungalgungal
あなたプロフィールが2年前から「もう直ぐ就職する」になってますよ。
いつになったら雇用してもらえるのですか?

コメントを書く