1491―先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見の書評・感想

1347views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
1491―先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見

これはメチャクチャ面白い。っていうか、凄すぎるな、この作品

本書は、あるたった一つの質問に答えるための作品である
著者はその質問に、コロンブスの大陸到着五百周年にあたる1992年に出会った

『コロンブスが到着したころの新世界はどんなところだったのだろう?』

著者は、学生の頃に習った歴史のことを思い返してみた。基本的に南北アメリカの歴史は、コロンブスがやってきた時から始まっているものとして扱われている。それまでは、大した文明もなく、少数の原始的な人間たちが原始的な生活をしていたのだろう―著者を始め、大方のアメリカ人は、そのような認識でいたのだろうと思う。
本書は、その認識を覆す作品である

『そのときは知らなかったが、多くの研究者が生涯をかけてこれらの疑問に答えを出そうとしていたのだった。彼らが明らかにした当時の大陸のようすは、たいがいの欧米人が持っているイメージとはまったく異なっている。だがそれは、いまだに学会の外の人々にはほとんど知られていない。』

『これはすごい、とわたしは思った。だれかが書くべきだ。きっと魅力的な本になるぞ、と
わたしはそうした本が出版されるのをずっと待っていた。だが待っているうちに息子が学齢に達して、わたしが子供の頃に習ったとおりのことを―もうかなり前から疑問視されていた内容を―また学校で習いはじめ、いてもたってもいられない気持ちになってきた。そこでついに、だれも書いていないようだから自分で書いてみようと思い立ったのだ』

著者は、考古学者でも人類学者でもない。世界各国のいち粒子にも寄稿する、気鋭のサイエンス・ライターだ。考古学や人類学はまったくの専門外。しかし、数多くの専門家に直接話を聞き、自らも様々な場所を訪れてはその目でしっかりと見、そうやって著者は門外漢の世界を少しずつ理解していくことになる。そして、学説が個人攻撃や派閥争いに発展することが多い分野であるが故に、どこにも与さない(著者なりの判断が組み込まれる部分もあるものの)立場で、色んな学説を公平に扱おうと努力している点など、分野違いの人間が書いたからこその一冊になっているのではないかとも思う

さてまず、僕自身の『歴史』というものへの考え方を書いておこう
僕は『歴史』というのが基本的には大嫌いだ。いや、正確に言えば、『歴史論争』が嫌いなのだろう。歴史の世界にも色んな専門や分野があって、それぞれの中で「あれが正しい」「これが間違っている」という議論がなされているのだろう。『歴史論争』が好きになれないのは、その歴史が古ければ古いほど、『はっきりとした証拠』が少ないということだ。結局のところ、数少ない『証拠』を、どう解釈するか、という議論になる。そんなん、結局分からんやん、って僕は思ってしまう。何か、誰も文句がつけられないほど明確な証拠があるなら別だけど、そうではないなら、「現在これこれこういう仮説があって、証拠がなくてどれも決定打がない」というような結論で落ち着いておけばいいと思うのに、解釈をめぐって議論をすることはアホらしいな、と思ってしまうのだ
また、そういう専門的な分野の話ではなく、学校で教わるような歴史も嫌いだった。こちらも、似たような理由ではあるのだけど、「これこれこうでした」と教えられるのが、僕はとにかく好きではなかったのだ。だって、そんなん分からんやん、と思ってしまう。「現時点ではこう考えられている」とか、「これこれこの可能性が高い」みたいなスタンスで教えてくれるなら良かったんだけど、「こうです」って言われると、「ホントかよ」って思ってしまう

感想

もちろん本書に書かれている内容は、まだ学説として固まっていないものが多いだろう。教科書に反映されるようになるのは、まだ先のことかもしれない。アメリカ人にさえ広く知られていない、まさに知られざる歴史。コロンブスがアメリカ大陸にやってくる以前のアメリカ大陸の姿を、実に生き生きと描きだす作品だ。僕は、冒頭でも書いたけど、歴史というものにほぼ関心を持てないでいるのだけど、本書は奇跡的に僕にも楽しめる、というかメチャクチャ知的好奇心を刺激させられる作品だった。考古学や人類学の専門家が書いているわけではないのでそこまで難しい話にはならないし、サイエンス・ライターらしい公平性が発揮され、様々な学説が出来る限る平等に扱われている。歴史を扱った作品としてはなかなか稀有な本ではないかと感じました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く