素直な心の内容十カ条、素直な心を養うための実践十カ条

4048viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
素直な心になるために

頭でっかちなにならず、被害者意識を捨て、素直になって周りの声に耳を傾けよう。道が開けてくる

素直な心の意義

お互いに素直な心になったなら、していいこと、してならないことの区別も明らかとなります。
また正邪の判断もあやまることなく、何をなすべきかもおのずとわかってくるように、あらゆる者ごとに関して適時適切な判断のもとに力づよい歩みができるようになってくるのではないかと思います。

素直な心の内容十カ条

私心にとらわれない

私利私欲にとらわれない心

耳を傾ける

寛容

万物万人いっさいをゆるしいれる広い寛容の心

実相が見える

物事のありのままの巣が多々、本当の姿、実相というものがみえる心

道理を知る

すべてに学ぶ心

すべてに対して学ぶ心で接し
そこから何か得ようとする謙虚さを持った心

融通無碍

自由自在に味方、考え方を変え、よりよく対処してゆくことのできる融通無碍の働きのある心

平常心

価値を知る

価値を正しくみとめることのできる心

広い愛の心

慈悲の心を十分に発揮させる心

素直な心の効用十カ条

なすべきことをなす

素直な心が働いたならば、なすべきことを正しくしり、それを勇気をもって行うことができる

思い通りになる

素直な心になれば、すべてに対して順応していくことができるから、思い通りになる

こだわらない

日に新たに

現状にとらわれることなく、日に新たなものを生み出していくことができる

禍転じて福となす

危機に直面してもチャンスとして受け止めることもできるようになる。

つつしむ

自分の立場をわきまえて、つねにつつしむ見識も生まれてくる

和やかな姿

正邪の区別

何が正しいか正しくないかという区別がはっきりし、共同生活の秩序が高まってゆく

適材適所の実現

病気が少なくなる

病気になりにくくなり、たとえなっても比較的治りやすくなる。

素直な心のない場合の弊害十カ条

衆智が集まらない

人のことばに耳を傾けようとしなくなり、衆智が集まらない

固定停滞

現状にとらわれて総意工夫を怠り進歩向上のない固定停滞の姿が続いていく

目先の利害にとらわれる

目先の利害に囚われ物事を判断し、将来の発展を損なう

感情にとらわれる

感情にとらわれ、われを忘れて思わぬ失敗を招く

一面のみを見る

ムリが生じやすい

治安の悪化

個々人がバラバラとなり秩序が乱れる

意思疎通が不十分

率直にものをいうこともなく、意志疎通が不十分になりがち

独善に陥りやすい

自分の考えにとらわれ、視野もせまくなって、往々にして独善の姿に陥りかねない

生産性が低下する

いろいろな無駄や非効率が多くなって、生産性というものが低下する

素直な心を養うための実践十カ条

つよく願う

まずは「素直になりたい」と強く願う

自己観照

自分自身を客観的に観察し、正すべきを正してゆく

日々の反省

つねに唱えあう

日常口に出して唱えあう

自然と親しむ

心して自然と親しみ、大自然の素直な働きに学んでいく。
動物の場合はおしなべて、自然のままに素直に愛情を発露させるといった姿が観られる

先人に学ぶ

常識化する

忘れないための工夫

体験発表

実践体験の内容を発表しあい、研究しあってゆく

グループとして

お互いに素直な心を養う仲間同士として協力しあっていくことが大切である。

素直な心になることを願いつつ

お互いに、素直な心になりましょう。素直な心はお互いを強く正しく聡明にし、よき社会をつくり自他ともに幸せを生み高めてゆくのです。

感想

一度読んだ本の再読でしたが、タイミング的にもすごくしみました。問題を抱えている人って頑固で、人の話を聞かず、自分の正解に拘って、(周りから見れば)支離滅裂なことして自滅してますよね。明らかにおかしいことしてるのに意味不明な自己正当化して認めないし、話し合いも無理。問題点が周りと共有できないから解決に向かわない(まわりからみれば、その人が迷惑な人)。本当に独善的な態度になって、周りに迷惑かけてごめんなさいと謝りたい気分になってきました。いわゆる空気が読めない、アスペっぽい人はこの本読んでみると良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く