炭素文明論の書評・感想

1145views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

内容に入ろうと思います。
本書は、世界の歴史に影響を与えたいくつかの炭素化合物(って書くと難しそうだから具体的に。デンプンとか砂糖とかニコチンとかカフェインなどなど)を取り上げ、それらを「軸」として世界史を眺めてみるという、非常に面白い視点から描かれた化学と歴史の本です。
化学の本かよー、と思った方。確かに本書には、有機化学の教科書に出てきそうな構造式の図がたくさん出てきますけど、そんなのは気にしなくていいです(僕も、化学のことなんかもうすっかり忘れてしもーた)。パラパラめくると難しそうな本に見えるかもしれないけど、全然そんなことないです。少なくとも、難しい化学の話は全然出てきません。
本書では例えば、「昆布のお陰で薩摩藩は倒幕出来た」とか、「紅茶がアメリカ独立のきっかけになった」みたいな話がたくさん出てきます。そう言われると、難しくなさそうでしょう?
著者は、本書のような作品を描いた理由を、こんな風に書きます。

『化学というのは、どうにも地味な、人気のない学問だ。何しろ化学の授業で学ぶことといえば、無味乾燥な化合物名や構造式の暗記、学問の内容といえば、目に見えないほど小さな原子がくっついたり離れたりしているだけだ。無限の宇宙の謎を解き明かす天文学のロマンも、生命の神秘に切り込み、画期的な医療技術を次々と送り出す生物学の華やかさも、化学には備わっていない。化学式なんて見たくもない、元素記号なんてまっぴらごめんだ、と思う人が多いのも無理はない』

『こうした本を書いたのは、ひとつには化学に対する関心の低さを、少しでも改善したいという思いがあったためだ』

僕も学生時代は、物理とか数学は大好きだったんですけど、化学となるとお手上げでした。僕は、歴史がとにかく苦手で、それは、歴史上の出来事に関心が持てなかったことも大きかったけど、とにかく暗記が苦手だったのが致命的でした。そして化学という分野も、とにかく暗記力に左右されるようなところがあって、僕には無理だったなぁ。有機化学とか、ホント、なーんにも覚えてないもんなぁ。
しかし、本書を読むと、「化学って凄いかも!」って思います。もちろん本書は、基本的には「歴史」の本なので、「化学的な話」はそう多いわけではありません。それでも、本書を読むと、なるほど人類はこれまでの化学の成果がなければ生きてこれなかったし、これからも人類が抱える様々な実際的な問題を、化学が解決していくしかないのだろう、と思わされました。僕が本書を読んでて一番感心したのは「アンモニア」の話で、実は「アンモニア」は本書で扱われている化合物の中で唯一炭素とは関係ないという…(笑)。まあその話は後で書こうと思います。
著者は冒頭で、炭素のことを「褒め殺し」にします。

『百以上の元素の中には、我々にとって全く他からかけ離れて重要なものが、ただ一つだけ存在する。おそらく化学を学んだ者であれば、まず間違いなく答えが一致するだろう。』

『そもそもこの元素を抜きには、あらゆる生命体の存在があり得ない。何しろ三十数億年にわたって連綿と続いてきた遺伝子、生命のシステムを支えるタンパク質なども、この元素が骨格を作っているのだ。大地にも空気中にも海中にも、宇宙の遠い恒星にさえ、それはあまねく存在する。』

『地球の地表及び海洋―要は我々の目に入る範囲の世界―の元素分布を調べると、炭素は重量比でわずか0.08%を占めるにすぎない。この割合は、チタンやマンガンといったあまりなじみのない元素さえ下回っている』

感想

本書にはそのような、人類の危機を見せつけるマイナスの話も色々と描かれるが、一方で、「化学」という分野が持つ力も一緒に描かれていく。「人工光合成」の話とか、「石油を作る藻」の話なんかは、実用化まではまだまだ先だろうけど、なかなかロマンをかき立てられる話だなと思う。
「化学」と「歴史」というまったくの異分野を組み合わせ、「化学が苦手な人」にも「歴史が苦手な人」にも面白く読ませる内容になっていると思います。僕は非常に面白い作品だと思いました。歴史に詳しい人が読んだらどんな評価になるのか分かりませんが、僕はこんな風に歴史を教わりたかった気がします。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く