流れとかたち(エイドリアン・ベジャン)の書評・感想

2752views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
流れとかたち――万物のデザインを決める新たな物理法則

内容に入ろうと思います。
本書は、なかなか刺激的な、科学的な「新理論」が扱われた作品です。扱われている理論は、「コンストラクタル法則」と呼ばれるもので、著者のエイドリアン・べジャン氏が提唱しているものです。
エイドリアン・べジャン氏はもともと、熱工学の世界的権威である。熱工学分野のノーベル賞を呼ばれている二つの賞を受賞しており(この二つを共に受賞している研究者はとても少ないようだ)、世界的に知られている研究者である。そんな著者がコンストラクタル法則を思いついたのは、あるノーベル賞受賞者の熱力学に関する講演を聞き、それが誤りであると直感したがきっかけだと冒頭で書いている。
さて、ではコンストラクタル法則とは何か。冒頭で、こんな風に定義されている。

『有限大の流動系が時の流れの中で存続する(生きる)ためには、その系の配置は、中を通過する流れを良くするように進化しなくてはならない』

このままでは、何を言っているのかさっぱりわからないでしょう。もう少し、コンストラクタル法則について書かれている文章を引用してみます。

『デザインの生成と進化は、肉眼で見える物理現象で、自然に生じ、そこを通る流れをしだいに良くする。この原理は、あらゆる尺度で成り立つから素晴らしい。ここの細流や樹木、道路など、進化をしている流動系の中で、各構成要素も進化を続けるデザインを獲得し、流れを促進するのだ』

『コンストラクタル法則は、すべての流動系はその中を通る流れのために、しだいに良いデザインを生み出す傾向があるから進化が起こることを予測する。そして、「より良い」の意味を一点の曖昧さもない物理学の言葉で表現する。すなわち、より速く、より容易な運動を促進する変化だ』

さて、先に書いておくと、僕はこのコンストラクタル法則について、ちゃんと理解できているわけではない。本書は、なかなか難しい作品だ。僕は、自分が理解できる範囲で本書を読んだ。なのでこの感想でも、自分が理解できた(と思っている)ことしか書けない。恐らく僕がここで書くことは、不完全だったり、時には誤りがあったりするだろう。でも、大雑把な雰囲気ぐらいは伝えられるのではないかと思う。僕の文章を読んで気になった方は、是非本書を読んで欲しい。
それともう一つ、このことを書いておく必要があるだろう。本書ではそうとは書かれていないが、恐らく本書で扱われているコンストラクタル法則は、まだ科学の主流ではないはずだ。エイドリアン・べジャンが提唱している一理論であって、科学的に承認された理論かどうかというのは、本書を読んだだけでは判断できない。ただ、非常に斬新で、さらにあらゆる領域(それは科学だけに限らない)にまたがっているために、様々な反発や異論が出るだろうと予想される。そういう意味でこのコンストラクタル法則は、まだまだ生まれたてであり、これから様々な知見が積み重なってよりシェイプアップしていくことだろう。そのことも、押さえておいた方がいいだろう。
さて、コンストラクタル法則についての話に戻る。
本書では、「地球上に存在するモノやシステム」はすべてコンストラクタル法則の影響下にある、と捉えている。つまり、「地球上に存在するモノやシステム」を「有限大の流動系」を捉えているということだ。「地球上に存在するモノやシステム」には、「樹木」や「河川」、「雷」や「雪の結晶」、あるいは「定住地の移り変わり」や「教育の偏り」など、ありとあらゆるものが含まれる。コンストラクタル法則が対象とする領域は、ありとあらゆる分野に及ぶ。

感想

コンストラクタル法則がその過程を辿るのかどうか、それは分からない。どこかで致命的な欠陥が見つかるかもしれないし、理論としては正しいが重要性が認められずに埋もれるかもしれない。理論の正しさや、コンストラクタル法則が今後どのように扱われるのか、それはまったく分からないが、個人的には、この理論は非常に面白いし可能性を秘めていると感じる。物理学が目指す「万物理論」とは方向性が違うが、コンストラクタル法則は、地球環境を説明する「万物理論」となりうる可能性があると思う。本書の内容はなかなか高度で、正直きちんと理解しているとはいえないのだが、恐らくこれも、理論自体が過渡期であるせいだろう。相対性理論も、今では僕らのような人間でもある程度までは理解できるように説明が洗練され、理論が整理されている。コンストラクタル法則が認められ、その重要性が認知されれば、いずれもっと易しい形で世間に広まることだろう

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く