創世の島(バーナード・ベケット)の書評・感想

1181views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
創世の島

内容に入ろうと思います。
本書は、ある特殊な<共和国>における、たった4時間の入学試験のための口頭審問を描く作品です。
21世紀末。世界大戦と疫病により、ある一つの例外を除いて完全に滅びた。大富豪であったプラトンはとある島を買い取り、その島を巡らす高い隔壁を設けることで、外の世界から物理的に隔離し、疫病の脅威から逃れた。彼らは、時折やってくる外界からの避難者をすべて撃ち殺し、外界から疫病が入り込む余地をなくす。一方で、プラトンは新たな社会づくりを目指し、遺伝子による選別や親子関係の排除などを推し進め、特権階級である哲学者がトップに立つ社会を構築していく。
当初は「外界への恐怖」という共通項でまとまることが出来ていた島だったが、次第に規律は緩み、社会は崩壊していく。そして、<共和国>に決定的な変化をもたらしたのは、漂流者の少女を助け、<共和国>内部に引き入れたアダム・フォードという一人の兵士の存在だった。
アカデミーへの入学を希望する少女・アナクシマンドロス(アナックス)に与えられた試験のテーマは「アダム・フォード」。彼女は、この国の歴史を大きく変えることになったアダム・フォードに強い関心を持ち、これまでずっと研究対象としてきた。その成果をこの4時間の口頭審問で出しきるのだ…。
というような話です。
これは非常に良く出来た作品でした。世界中で話題を呼び、著者の出身であるニュージーランドでは賞も受賞したらしいけど、なるほどという感じである。
本書は、YA(ヤングアダルト)の賞も受賞しているようで、確かに、外文の苦手な僕でもスイスイ読めるほど読みやすい作品だ。分量もさほど多くはなく、そしてそのほとんどが、試験管とアナックスの会話で構成されているので、とにかく読みやすい。
とはいえ、ただ子供にも読める作品というわけではない。本書は、非常に哲学的で深遠な作品だ。
本書ではアナックスは、<共和国>の建国から現在までの歴史や背景を、そしてアダム・フォードという男が<共和国>に与えた影響について、つぶさに語ることを求められる。僕らはアナックスの説明を聞きながら、次第に<共和国>の歴史や、アダム・フォードという男が何をしたのかということを少しずつ理解していくことになる。
まずこれが、非常に良く出来ていると僕は思う。<共和国>が、プラトンによってどんな意図を持ってデザインされたのか、そしてその仕組みがどのように機能していたのか、人類はその中でどんな風に生きていたのか、どのような問題が顕在化して言ったのかなどについて、僕らは少しずつ理解していくことになります。
<共和国>のモットーは、「過去に向かって前進せよ」となります。

『”没落”が生じたのは、人が自然な状態から逸脱したからだ、とプラトンたちは主張しました。変化はすなわち衰退を意味するという科学のもっとも基本的な法則を忘れて、変化を無批判に受け容れたからだ、と。プラトンは共和国の国民に、安定と秩序を基盤とした社会を築きさえすれば、栄光ある偉大な文明世界に立ちもどることができると語りかけました』

しかし<共和国>は、崩壊の予兆を常に抱え続けます。そしてそれは、アダム・フォードが一人の漂流少女を救出したことでさらに拡大することになる。アダム・フォードが一体何を考えて少女を救出したのか、それが国民にどのような影響を与えたのか、哲学者評議会はアダム・フォードをどう扱うことにしたのか。そういう背景をアナックスは丁寧に説明をし、<共和国>とアダム・フォードについて読者は理解を深めていく。

感想

そしてラスト。本書の内容紹介には、「最後の数ページ、驚天動地の結末が全世界で話題を呼んだ」と書かれている。このラストの展開は、見事だと思った。なるほど、そうくるか、という感じだ。前提を見事にひっくり返された快感があり、またそのラストの展開が、建国から現在に至る<共和国>の歴史を補填することにもなる、というのが見事だ。
外国人作家の作品だが、非常に読みやすい一方で、深淵で哲学的な設定や会話が非常に魅力的です。是非読んでみてください。

創世の島

創世の島

  • バーナードベケット

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く