ポジティブ心理学に学ぶ「幸福優位7つの法則」

18608viewsdaisaki51daisaki51

このエントリーをはてなブックマークに追加
幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

まえがき

 ハーバード大学で人気第一位の講師直伝!

 「自分は幸せだ」と思える人ほど、良い結果を生んでいる。

 最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係

 以下、印象に残ったものから一部抜粋

幸福優位性の発見

 "人間の脳は、普通の気分の時でもネガティブの気分のときでもなく、ポジティブな気分のときに最もよく働くようにできている、ということが証明されている"

 「仕事で成功する方法」というたぐいの本はたくさんある。もちろん参考になるかもしれないが、それらの戦略の多くは実証されていない。また一方で、素晴らしい科学的研究の成果であっても、難解でどのように行動にうつすかがわかりにくい理論もある。

 本書の目標は、そのギャップに橋を架け、科学的研究の成果を実際の行動と結びつけることである。

幸福優位7つの法則

1.ハピネス・アドバンテージ
2.心のレバレッジ化
3.テトリス効果
4.再起力
5.ゾロ・サークル
6.二〇秒ルール
7.ソーシャルへの投資

法則1 ハピネス・アドバンテージ

―ポジティブな脳は、平常時の脳やネガティブな脳に比べて、生物学的な優位性をもつ

 「努力→成功→幸せ」という図式は膨大なデータによってウソである事がわかった。
 ポジティブ心理学の研究者たちは自信を持って「幸せが、人の成功の指標となる重大な結果に"先行"する」と断言する。

 ネガティブな危険に対峙したときに選択肢を狭め、生存のチャンスに繋がるという人類の進化の目的にかなったもの。
→現代ではサーベルタイガーと対峙することはない

 ポジティブ感情は可能な選択肢を増やし、私たちをもっと思慮深く、創造的にし、新しい考えに対して心を広げてくれる。

・ロサダライン
 ビジネスで成功するには、メンバー間のポジティブな相互作用とネガティブな相互作用の比が最低でも2.9013対1でなければならない。(理想は6対1)

法則2 心のレバレッジ化

―マインドセットを変えて仕事の成果を上げる

 マインドセットという支点の位置を変え、可能性のてこを長くすれば、現実で出来ることも変わってくる。

プラセボ効果
→効き目のない薬でも聞くと信じ込んでいると本当に病気が良くなる
 痛み止めの場合、本物の薬の55~60%の効き目

ピグマリオン効果
→誰かの潜在的可能性を信じれば、その期待が現実のものになる
 先生にある生徒は優秀だと信じこませると、一年後本当に成績が優秀になる(最初は平凡な成績だとしても!)

 "日々の行動を自分の心がいかにとらえているかで、その行動自体よりも現実を決定する"

法則3 テトリス効果

―ストレスや悪いことや失敗ばかりに注目するパターンが脳の中に出来上がってしまうと、挫折への道に自らを追い込むことになる

 税理士は毎日税金の書類に目を通して、間違いを探すということをやっている。その間に、彼らの脳には「間違いを探す配線」ができあがってしまう。
 その日常生活でも悲観的で欠点ばかりを探すマインドセットによって、抑うつやストレスを生じ、健康を損ねたり薬物乱用に陥りやすくなったりする。

 脳を訓練してポジティブな「テトリス効果」を取り入れれば、幸福感を感じられるようになるだけでなく、ポジティブ脳がもたらす恩恵が次から次へと手に入る。

法則6 二〇秒ルール

―人間の意志の力には限界がある。いい方向に変化してもそれを持続させることは難しい。
 意志の力が尽きれば、もとの習慣あるいは、「最も抵抗の少ない道」にずるずると戻ってしまう。

 受け身のレジャー(テレビやSNS)は活性化エネルギー(行動を移すまでのエネルギー)は少ないが満足感が少ない。

 リモコンから電池を抜いて20秒以上かかるところに置いておくと、惰性でテレビをみることがなくなる。

 習慣化させたい行動の活性化エネルギーを一番低くするとうまくいく。
→ギターを続けたいならギタースタンドをかってすぐに手が届く範囲に置いておく。
→ランニングを習慣にしたいならトレーニングウェアを着て寝る。

おわりに

 ハーバードの人生を変える授業を書いた、タル・ベン・シャハーの後継者であり、最先端のポジティブ心理学の研究結果を教えてくれる。

 話はユーモアにあふれ、とても読みやすい。

 どの話も膨大な研究結果に基づいているので、ただの自己啓発本とは違い、納得しやすい。

 心の使い方によって効率を上げたいと思っている人には、特におすすめの本!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く