グーグル秘録(ケン・オーレッタ)の書評・感想

1240views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグル秘録 (文春文庫)

グーグルは、創業からたった15年で、世界を変えてしまった

『伝統メディアでは、コンテンツのある場所に視聴者を連れていくことが大切だった。だが新たなメディアでは、コンテンツがある場所に視聴者を連れて行くのではなく、視聴者のいつところにコンテンツを届けることが重要だ。そして視聴者は、ウェブのありとあらゆる場所に存在するんだ』

グーグルは、地上波テレビ・広告・映画・出版・電話・新聞といった伝統メディアのあり方を一変させてしまった。それは、電話が発明されたことで電報が廃れたのと同じような必然的な結果なのだろうか?それともグーグルは、「邪悪になってはいけない」という自らの心情を打ち破る存在になってしまっているのだろうか?

『グーグルは無料サービスを通じて、「ネット上の情報やコンテンツは無料であるべきだ」という意識を広めた。それこそ伝統メディアが目下、必死で抵抗しているものだ。「”グーグル世代”とも言うべき企業は、デジタルなものはすべて無料にすべき、というシンプルな前提にもとづいて成長してきた」とアンダーソンは書いている』

グーグルは、無料のサービスを入り口として、広告収入によって莫大な利益を上げる会社に成長した。2008年の広告収入は、五大テレビ・ネットワーク(CBS・NBC・ABC・FOX・CW)の合計に拮抗するという。
しかしグーグルは創業当初、まったく収益を上げることが出来ていなかった。グーグルが、CPCという画期的な広告手法を発明し、「アドワーズ」を稼働させたのが2002年、創業から4年が経った頃だ。そのアドワーズにしても当初は、収入の柱になるとは考えていなかったという
創業者の二人、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンは、「収益化」にはほとんど関心がなかった。いや、そうではない。検索の質を高めさえすれば、自ずと収益化の方法が見つかるはずだ、という信念を崩さなかったのだ

『二人ともグーグルの宣伝のためには1セントたりとも使う気はなかった』

『会社には収入はほとんどなかったが、ペイジもブリンも、グーグルが完成さえすればユーザーは集まってくると信じて疑わなかった』

『ついにひとりの記者がまっとうな質問を投げかけた。「グーグルはどうやって利益を上げるのか?」
「我々の目標は、検索という行為をできるかぎり快適にすることだ。収益の最大化ではない」とブリンは言い切った』

『あるクレジットカード会社(実際にはビザ)が、グーグルのホームページに自社のロゴマークを載せ、リンクを張ってくれれば五百万ドル支払うと申し出たことがあるが、ペイジとブリンはまったく相手にしなかった』

創業当初の創業者二人のこのブレなさは凄い。結果的にグーグルは収益化の方法を見つけることになるが、しかしれは偶然だったと語っている。CPCという広告手法を開発出来なければ、今日のようなグーグルの姿はありえなかっただろう

本書の著者は、受け入れられるまで非常に苦労したらしい

『同社は協力を渋った。共同創業者をはじめ、同社幹部は本の電子化には熱心だが、本を読むことには大して興味がないのだ。執筆に協力するのは”時間の無駄”ではないかと懸念していた。そこで私は、本書の氏名はグーグルのしていることや、メディア業界をどのように変えようとしているかを理解し、説明することであり、グーグルは私のプロジェクトを検索と同じ発想で考えるべきだと訴えた。優れた本が完成すれば、検索結果の上位に表示され、多くの人の目に触れるようになる―。何ヶ月もドアを蹴飛ばしつづけた結果、彼らはようやく私を受け入れてくれた』

感想

グーグルという、既にこの企業との関わりを持たない人の方が少ないのではないかと思えるほど僕らの生活に浸透している巨大な存在が、どんな理念を持ち、どんな行動をし、また僕らは何故無料でサービスを利用出来るのかなどを知っておくことは、非常に大事なことなのではないかと思う。「邪悪になってはいけない」というスローガンが遵守されている内は、グーグルは僕らにとって素晴らしい恩恵をもたらしてくれる企業だ。しかし、もし万が一彼らが「邪悪になってはいけない」というスローガンを忘れてしまえば、これほど危険な企業も他にない。もはやグーグルが存在しない世界は想像出来ないほど日常に密着してしまった今、改めて僕らは、グーグルという企業について知っておくべきなのかもしれない。そのためには、本書は非常にうってつけの作品ではないかと思います。是非読んでみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く