仕事や会社について一人で悩まずに手紙屋に相談しよう。

1517viewsYonesuYonesu

このエントリーをはてなブックマークに追加
手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

Review

・就職活動中の大学4年生である主人公。世間一般の価値観を持ってして、とにかく安定した
大手企業への就職に何となく憧れている。しかし、手紙屋という人物に出会い、
主人公の人生観や仕事観は大きく変化をして、自分なりの天職へ向けて動き出す。
・10通の手紙に込められた10のメッセージ、それを返信という形で主人公が内省する構成が
分かりやすく、非常に理解しやすい内容になっている。
手紙屋の正体を知ってから、改めて読んでみると、また違った発見がある。
・ディスカヴァー書籍らしい、オシャレなカバーや内装、カラー写真とメッセージを効果的に利用した
中とじは、どれも印象的で、プレゼントにも最適です。
物語にも登場するポストカードが1枚同封されていて、そこにはとても素敵なメッセージが♪

Memo

・「人生は思いどおりにいく」多くの成功者が座右の銘にする言葉です。
「人生は思いどおりにいかない」夢を実現できなかった、もっと多くの人たちが感じる人生の教訓です。
・私はやはりその会社の持つ性格や考え方、そして生き方、さらにどうやって世の中の人たちから
必要とされようとしているのか、、それらが自分の考える生き方と合う会社を選ぶべきだと思うんです。
それが、たとえ生まれたばかりの小さな会社であろうとも。
・ある仕事が自分に向いているかどうかは、やってみなければわかりません。
・どのような業種のどんな規模の会社に入ったとしても、最終的に自分が思い描くゴールにたどり着く
方法はあるんです。ですから今のあなたは、今の自分に向いていそうな職種を探すよりも、
考えただけでワクワクするような目標を持った会社を探すことに専念したほうがいいと思うのです。
・素晴らしい人生を送るために必要なこと。それは「今、目の前にあるものに全力を注いで生きる」こと。
・「止まっているものは、止まり続けようとする。動いているものは、動き続けようとする」
慣性の法則は、人の生き方にもあてはまる。
・「失敗した人は才能を理由に挙げる。成功した人は情熱を理由に挙げる」
・その人の人生に必要なものは、その人の周りに過不足なくそろっているもの

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く