プロメテウスの罠5の書評・感想

1224views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロメテウスの罠 5: 5 (【プロメテウスの罠シリーズ】)

巻末の「終わりに」で記者の一人は、「取材中、お礼を言われるようになった」と書く。

『ふくしまで取材をしていると、たびたび「読んでいますよ」と声をかけられるようになった。「書いてくれてありがとう」といわれることもあった。正直、驚いた。「プロメテウスの罠」はできるだけ淡々と事実を連ねようと心がけている。考えてみると新聞が事実を書くのは当たり前であって、お礼をいわれる道理はない。しかし実際は、お礼を言ってくれる人がいる。
ひょっとすると被災者たちが報じてほしい事実が報じられていない、だからこそ「プロメテウスの罠」に期待しているのかも、そんなことを思い始めたころ、避難を続けている何人かの被災者からこう頼まれた。「やめちゃだめですよ」「ずっと続けてください」
また驚いた。もう連載を閉じようと考えていたときだっただけに、胸の撃ちを知られたような思いもあった。しかしそれ以上に、被災者から直接頼まれたという意味を考えさせられた。
「やめないでほしい」の前に、避難者たちは決まってこんな言葉を口にしていた。
「新聞やテレビから福島の話がどんどんなくなっていく」「忘れられるのが一番怖い」
(中略)
なにも進まないなかで、忘れ去られてしまったら。いや、すでに西日本では福島は過去の話になりつつある。東京も同じかもしれない。福島が過去形になったからこそ、原発の輸出や再稼働がマスコミを賑わせている。ある避難者は「賠償もなにも進んでいないのに、壊れた原発はまだ放射能を出し続けているのに、なにが原発輸出だ」と憤っていた』

僕も、もう日常の中で「福島」についてかんがえる機会は、あまりなくなってしまった。「平和」で「安全」に見える日常生活を送れてしまっている僕たちにとって、未だなお続く避難者たちの様々な苦しみや、原発による汚染の実態の真実などは、なかなか遠い話題になってしまいがちである。
だから僕は、せめて読む本ぐらいは、意識的に福島に関わるものを読もうと思っている。何もかも読めるわけではないけれど、読む本を選ぶ視点の一つに常に「原発」や「福島」というものを入れておいて、せめて文字からだけでも何かを取り入れておこうと思っている。この「プロメテウスの罠」シリーズも、新刊が出る度に買うことに決めている。朝日新聞本誌で読んでいるという人もたくさんいるのだろうけど、そうではない人ももちろんたくさんいるはずだ。書籍版も、もっともっと売れて欲しいものだと思う。
今回は、2013年2月13日~2013年6月13日までに掲載された、第25~30シリーズを加筆修正の上で書籍化した作品です。扱われている内容は、

「海鷹丸が来た」 調査船も流されてしまい、福島県沖の放射能汚染の実態をまったく調べることが出来なかった時、東京海洋大学が支援の手を差し伸べてくれ、漁師と協力しながら魚介類を調査し、世界で初めてと言っていい海洋汚染の実態を記録し続けた者の話。

感想

僕らの日常が「平和」に続いていくのと同じように、福島での生活は「労苦」と共に続いていく。僕たちは、その一端を垣間見ることが出来るぐらいだ。何もかも分かるわけではない。避難者同士であっても、状況は千差万別だろう。分かろうとして、分かるものではない。僕は、震災や原発関連の本の感想では大抵いつも書いていると思うけど、とにかく、自分自身に何が出来なくても、とりあえず「知る」ことだけでも何か意味があるのではないかと思っている。現状を変えるための行動が取れなくても、「知る」ことだけでも何か意味があるのではないかと。そう思って僕は、きっとこれからも、震災や原発の本を読んでいくことでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く