さいとう市立さいとう高校野球部(あさのあつこ)の書評・感想

1484views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
さいとう市立さいとう高校野球部

内容に入ろうと思います。
ロシア人の血を引くイケメン高校生の山田勇作。中学時代からピッチャーとして活躍していたのだが、諸事情あって今は帰宅部。中学時代バッテリーを組んでいた幼なじみの山本一良との関係も、若干ギクシャクしている気がする。
そんなある日、一人の優男が勇作の元へやってくる。優男と思ったのは、美術の教師だった。とても教師とは思えないふんわりした雰囲気を持つ鈴木先生は、どうやら勇作を野球部に誘っているようだ。何故美術教師が野球部に勧誘するのだ…。とここで勇作は気づく。鈴木先生は、野球部の監督だったのだ!確かに野球部のユニフォームを着ているのだが、これほどユニフォームが似合わない人も珍しい。
ともかくも、仮入部という形で野球部に入部した勇作。しかし、鈴木監督が用意する「練習メニュー」は、どれもへんてこなものばかりで…。
というような話です。
さて、この小説を、どう評価すべきか。難しいなぁ。
個人的には、ちょっとどうなの…と思います。あさのあつこの作品は、「バッテリー」しか読んだことがないんで、そのイメージで本書を捉えると、ちょっと「ムムム…」って感じがします。ただ「THE MANZAI」みたいな作品も書いてるから、そのイメージがある人が読めばまた違うのかもしれないなぁとは思う。
正直、本書は、野球はほぼ関係ないと言っていいだろう。いや、確かに野球部の話ではあるんだけど、本書を「野球小説」だと思って手に取ると、落胆するのではないかと思う。試合の場面も練習の場面も、まあ確かに描かれるわけなんだけど、「野球小説」と読んでいいかというとそういう感じじゃない。試合はほとんどダイジェストみたいな感じだし、練習も、確かに変わった感じで面白いんだけど、でもそれが「強さ」にどう結びつくのかは、正直、本書を読むだけではイマイチよくわからないと思う。まあ、まったく説明がないわけではないけどさ。
じゃあ、本書では一体何が描かれているのかというと、「温泉」の話です。
はい、「温泉」です。
主人公の山田勇作も含め、山田家は皆「温泉狂」です。とにかく、日本中の様々な温泉に浸かることを家族の至上命題としているし、温泉に関する知識は半端ない。だから本書でも、とにかく温泉の話がバンバン出てくる。っていうか、野球の話より温泉の話の方が多いんじゃないか?っていうぐらい温泉の話が出てくる。だから、温泉に興味がある人なら、なかなか面白いかもしれない。
本書は、山田勇作の独り語りみたいな感じで物語が進んでいくんだけど、その独り語りが脱線に次ぐ脱線という感じ。ちょっと意味は違うけど、脱線に次ぐ脱線と言えば、歌野晶午の「世界の終わり、あるいは始まり」を連想させるけど、「世界の終わり、あるいは始まり」の場合は、「脱線すること」に物語上の必然性があったのに対して、本書の場合「脱線すること」にはほとんど意味がない。ただの「脱線」である。その脱線の描写は、まあ確かにそこそこ面白い。こういう部分を「面白い!」と感じる人はいることでしょう。別にそれを否定するつもりはないんだけど、そういう脱線が本書を。より「野球小説」から遠ざけているなぁ、という気がする。
たぶん、なんとなくこの作品に嫌悪感を抱くのは、「野球」というスポーツの真面目さから来てるんだろうなという気がする。本書で扱われているのがサッカーだったら、またちょっと違う感じ方をしたかもしれないなぁ。

感想

まあ、なかなか評価の難しい作品ではあります。まあ読んでみたら、サクサク読めるし、脱線に次ぐ脱線は面白いと言えば面白いので、まあ読めると言えば読めるんですけど、うーん、どうかなぁ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く