粗食は10歳若返るポイントをクリアしている!粗食の基本

2412viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
「粗食」で10歳若返る: 「おいしい、楽しい、体にいい」食事術 (知的生きかた文庫)

粗食で若返る

  • 日本人の体に適した食材を食べる
  • 日本人の体に適した食材とは、昔ながらの和食に使われている食材(米を含む穀類、豆類、野菜、海藻、魚介類など)
  • 腸内環境を整え、便秘を解消する
  • 食物繊維も豊富に取れる「粗食」を実践すれば、善玉菌が増えて腸内環境がよくなる
  • 食べ過ぎないようにする
  • 旨みそのものである砂糖と油を使うと、いくらでも食べられる。しかし、油や砂糖をあまり使わない和食であれば、食べすぎる心配はない

魚は青魚が基本

  • 粗食の基本は、ごはん、みそ汁、漬物、それに副食として、野菜と魚介類が理想
  • 10歳若返ることを目標とするならば、肉よりも魚の比率を高くすると良い
  • いわしやサンマなどの安い青魚というのは、季節に合わせて取れる天然の魚であることが多い

旬の野菜を食べる

  • 旬の野菜は「安い、おいしい、体にいい」
  • マヨネーズや油たっぷりのドレッシングをかけるサラダは、粗食の副食には適さない
  • 野菜の食べ方は、煮物、和え物、お浸しで食べるのが良い。炒め物はできるだけ避け、つくる場合は、油が多くならないように注意する
  • 野菜は旬の野菜を選ぶこと。旬の野菜は、安くて栄養価も高く、味もおいしいと、3拍子揃っている
このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く