恋愛の絶対法則(メンタリストDaiGo)

31475viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
メンタリズム 恋愛の絶対法則

メンタリズムとして、自己分析、表情の観察、メンタリズムの手法をまとめました。

20答法で自己分析

自分がどんな人なのかを5分で20個挙げて、それを分析

  • 1~10番目は表層心理。そう見えるといいなと望む「偽りのあなた」
  • 11~15番目は意識された要求や個人背景という、うっすらと知っている深層心理
  • 16~20番目はこれ以上思いつかない中、搾り出した無意識の欲求で、本質的な心理
  • ネガティブよりポジティブな言葉が良いが、ただ褒められたいだけかも
  • 分析で客観的に自分を見れる。隠したい自分はばれてる事も

理想の相手がどんな人なのかを5分で、20個リストアップして、それを分析

  • 解答の、1~10番目、11~15番目、16~20番目を比較した結果、矛盾、対立、不一致が出たのなら、そこを分析
  • トラウマ的なものがあるのなら、それを解消することを先決し、そこから本当の好みに向かった方が良い場合が多い

自己分析の応用、7秒間プロフィールの作成

  • 自己分析の結果を、ポジティブワードで7秒間で自己紹介し、相手に自分を知ってもら
  • 人の第一印象は7秒間で決まり、およそ3ヶ月から半年ほど効果があるとも

表情の観察

  • 瞳の瞳孔の大小に注目。大きくなると興味
  • 口元。力がこもっていると×。リラックス具合を見る
  • 手でリラックス度を見る。掌が見えるほどリラックスっぽい
  • 足を組んでいると、拒否やガードの事も
  • セルフタッチは落ち着くときにやる。嘘をついている事も。リラックスしてると緩慢に、反復するようなら飽きている

メンタリズム用語集

  • アセンブリ、人がある感情の時にどこを向いているか。人によって違う
  • アンカー/アンカリング、動作と感情を結びつける
  • アンダードッグ現象、弱い者を助けたくなる
  • アンチクライマックス法、関心の低そうな話題の時はオチから話す
  • クライマックス法、上と逆。関心が高いなら引っ張れ
  • アンビパレンス、矛盾の事。理解してあげよう
  • YESセット、慣性の法則。言い続けると言ってしまう
  • NOセット、否定的な人にはNOと言わせつつ、結果的に自分が言いたいことをYESと言わせる
  • 喚起法、感覚に刺激して、対応する記憶を思い出させる
  • 驚愕法、相手を驚かせて暗示にかけさせやすくする
  • 暗闇効果、暗いと不安で頼りたくなる
  • 結合法、命令を複数出すと、両方断るのが面倒となる。特に前者
  • 好意の返報性、お返ししたくなる
  • コールドリーディング、事前準備無しに相手の事を見抜く
  • 混乱法、情報が沢山あると安易な答えを選びたくなる
  • ザイアンスの法則、身近な人ほど好感度が上がる
  • サイレントフォーカス、沈黙によって注目を集める
  • 誘い水の話法、誘い水の会話をする
  • 自己開示の法則、自分から開示すると相手も開示
  • 神経疲労法、視神経が疲労すると受身になる
  • シュガーランプの法則、感謝やお礼を言って、相手の態度を甘くする
  • スプラリミナル知覚、顕在意識。それを当てると効果的
  • 空耳理論、聞き間違いをうまく利用
  • ツァイガルニク効果、未達成の事は記憶に残る
  • 吊り橋効果、お馴染み
  • ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック、無理を言って、次のお願いを聞いてもらう
  • パーソナルスペース、縄張り的なもの
  • バインド、相手のOKを前提に会話
  • バックトラッキング、オウム返し
  • ピグマリオン効果、期待に応えようとする事
  • ブーメラン効果、無理強いは逆効果
  • ブルースト効果、香りから記憶を呼ぶ
  • マーキング、イメージを意識付け
  • ミラーリング、真似る
  • ラポール、共感

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く