サッカーのスカウティングはココを見る! 目の付け所がシャープになる!

26879viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカーのスカウティングの第一人者の小野剛が考える、「試合で確認するポイント」をまとめてみました。満遍なく書かれていて、どのレベルの人でも参考に成ると思います。

スカウティングのポイントとして以下の「小見出し」を確認する。

システム

両チームのフォーメーション

  • 11vs11の動的な位置から、人数有利を把握し、そこをどちらのチームが使えているか?

トップの配置(おおよその攻撃の意図)

  • 1トップ

  → 前線に数を割かない守備的か?
  → 前線にスペースを空けて、次から次へ飛び込む攻撃的か?

  • 2トップ
  → ポストプレイヤー+その周辺を動くプレイヤー
  → 二人のポストプレイヤー
  • 3トップ
  → 固定的(3-4-3時代のアヤックス)
  → 流動的(1トップ2シャドーと呼ばれる事も)

プレースタイル

二つの傾向を見極める。

  • ボールを繋ぐポゼッションプレー
  • できるだけ早くFWに当てるダイレクトプレー

得点パターンと失点パターン

中心選手

  • プレーメーカー
  • ゴールゲッター
  • ホットラインの特徴を把握
  • DFリーダー

攻撃パターン

ビルドアップの方法

スペースクリエートのパターン

カウンターのパターン

  • やれるパターンを把握する。
  • ハイプレスからのショート
  • 自陣からのロング
  • コレクティブカウンター(ショートパスで繋ぐ)

サイドの使い方とクロスの傾向

  • サイドプレイヤーが固定か、流動的か。
  • クロスの上げ方と球質。

守備パターン

守備スタイル(下記のどちらを選択しているか?)

  • フォアチェック:高い位置からプレッシングし、ボールを取るやり方
  • リトリート:下がる位置を定め、そこに守備ブロックを作るやり方

ボールの追い込み方(下記のどっちを狙ってるか?)

  • シールオフ:中から外へ追い込み、縦パスを出させて奪う。
  • ネットディフェンス:縦パスを出させないようにラインディフェンスを組み、横パスを奪う。

アウトサイドとボランチを誰が見るのか

  • 一人が一人にマークしにくいため、そこでの対策から、チームのコンセプトや弱点が分かる事も多い。

最終ライン

  • DFの数を把握。

高さ対策

  • 高身長選手へのマーク担当者と、受け渡し方法は?

GKとDFの連携

  • GKとDFは一緒に長くプレーしているか?
  • GKがどれだけビルドアップに参加しているか?

DFのウイークポイント

  • 振り向く方向に、苦手方向を持っているDFはいるか?
  • ボールウォッチャー癖のある選手はいないか?

選手の個人能力

特徴を掴む

  • 身体能力
  • スピード
  • テクニック
  • 判断能力
  • 利き足と利き足依存度
  • メンタリティ

セットプレー

攻撃に関して

  • キッカーの蹴り足と球質

  → 右足キッカーや左足キッカーの存在、ボールスピードやカーブなど。

  • トリックプレーのパターン
  → 練習を見ていると分かる事が多い
  • スペースの作り方
  → チーム間の約束事はあるか?

守備に関して

  • 壁の作り方

  → 枚数や置く位置

  • カウンターの狙い方
  → FWの残した枚数から傾向が分かる
  • GKの守備範囲の広さ
  → 飛び出しの良し悪し、苦手シュートコースの把握
  • ポジション取り
  → CK時のショートコーナー時の対応、マークの甘い選手の把握

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く