アートがもっと身近になってほしい。アートを生きる

916views国中千鶴国中千鶴

このエントリーをはてなブックマークに追加
アートを生きる

アートがもっと身近になってほしい。

現在の森美術館の館長南條史生さんのエッセイです。
淡々と時代を追って、
南條さんがこれまで手がけてきたパブリックアートや
アートイベントについて書かれています。
いろいろな作家が取り上げられて、
いろいろな地域が取り上げられているので読んでいて面白いです。
カラーでないのは残念ですが、
作品や場所の様子などの写真が各章の合間に挟まっているので、
イメージも浮かびやすいのが特徴です。

アートとはなにか、その問いは非常に難しく、
人によって答えもさまざまでしょう。
淡々と書かれている内容の中でこの作品のテーマはなんだった、とか、
作者がどういうことを言っていた、とか、
どういう反響があったかということが書かれていて、
それを読んでいるだけでも様々なのだなということがよくわかります。
そして、それを読んでいると、
もしかしてアートってこういうものなんじゃないかなという輪郭が
おぼろげに見えてくるような気がしました。

どちらかというと現代アートに興味がある方向きの本だと思います。
興味がある方であれば、
この時期はこういう作風が主流でこういう作家が一番注目されていたという
南條さんのコンテクストを読み取ってなるほどと思うことができると思います。
あまりよくわからないという方には、
この本の中で紹介されている作家の中からお気に入りの作家が見つかって
アートが身近なものになるといいなと思いました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く