リピーターがいない片付けコンサルタントに学ぶ「ときめき片づけ法」

4828viewsヨッシィー☆ヨッシィー☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生がときめく片づけの魔法

はじめに

 著者の近藤麻里恵さんはプロの「片付けコンサルタント」として活躍されていて、彼女のクライアントはリピーターがいないことで有名です。
 つまり、一度彼女から片づけ方を教わったら、もう二度と散らからないようになる、ということのようです。

 片づけるのが苦手(というか、片づいていなくても気にならないアバウトな性格だから・・・)な僕も興味を持ち、この本を手にしました。

 心に残ったところをいくつか・・・

ポイント

・ポイント1

 〇片づけは一気に楽しんで

 彼女の考える片づけの極意は極めてシンプルです。

 ≪片づけのコツは「一気に、短期に、完璧に」。そして、「まずは『捨てる』を終わらせる」。これが私の結論です。

 「人生がときめく片づけの魔法 第2章より 近藤麻里恵著 サンマーク出版 刊」≫

 彼女の薦める片づけの仕方は、お祭りのようなイベントみたいに、楽しみながら集中して、妥協せずとことんやることがコツのようです。
 その気楽さと思いっきりのよさが人気の秘密でしょうか?

 何ごとも中途半端にやると、途中でやる気がなくなり、リバウンドしてまた元に戻ってしまうもの。
 彼女のやり方はとても理に適ったものと言えるでしょう。

・ポイント2

 〇モノを大事に、感謝の気持ちを持つこと

 「片づけ」とは、モノを整理すること、つまり、捨てることです。
 それを職業にしている著者は、モノを大事にしない、大量消費社会の申し子のように思われるかもしれませんが、彼女より、モノを大事にして、モノに対して感謝の気持ちを持っている人もそうはいないでしょう。
 そういう気持ちを持ち続けているからこそ、このような大胆な片づけ方を実践できるのです。

 ≪たくさんのモノを抱え込んで捨てずに持っているからといって、モノを大事にしているわけではありません。むしろ、その逆です。自分がきちんと向き合える量に絞り込むことによって、モノと自分との関係がいきいきとしてくるのです。

  ~

 ときめくかどうか。心にたずねたときの、その感情を信じてください。
 その感情を信じて行動すると、本当に信じられないくらい、いろんなことがどんどんつながりはじめ、人生が劇的に変化していきます。
 まるで、人生に魔法がかかったかのように。
 片づけは、人生がときめく一番の魔法なのだと、私は信じています。
 

「人生がときめく片づけの魔法」第5章より 近藤麻里恵著 サンマーク出版刊 ≫

感想

 モノを処分する際の捨てる、捨てないの判断基準は、あくまで“今、そのモノにときめいているか”ということ。
 過去を振り返らず、“今、この瞬間”だけを大事にすれば、自分に必要なモノが見えてくる。そして、これから自分がすべきことも・・・ね。
 「片づけ」でここまで人生の核心まで迫ってしまう、こんまりさん。
 さすがです・・・

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く