ふしぎなキリスト教の書評・感想

2288views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

本書は、世界中のあらゆる宗教に精通している社会学者である橋爪大三郎氏と、社会学者でもあり哲学にも精通している大澤真幸氏が、質問者「大澤真幸」、回答者「橋爪大三郎」という役割分担をして、キリスト教をまったく知らない人にもそれなりに知識がある人にも楽しめるよう対談をし、それをまとめた作品です。
これはメチャクチャ面白い作品でした!いやー、ホントに素晴らしい!なんとなく、もう少し難しい本かなと思ってたんで、ちょっと身構えながら読み始めたんですけど、全然そんなことはなくて、スイスイ読める上にメチャクチャ面白いという、素晴らしい作品でした。
そもそも僕は、キリスト教についてはほっとんど何も知らないと言っていいです。本書を読む前に僕が知ってたことと言えば、「ユダが何かをして裏切った」「イエス・キリストは処刑されて復活した」「アダムとイブがうんちゃら」「三位一体って単語は聞いたことあるなぁ」「キリスト教には、進化論を認めていない強硬派みたいな人もいるみたい」とか、ホントそんなレベルなもんで、なーんにも知らなかったと言ってもいいぐらいです。
ですけど、二人の軽妙な対談は、「キリスト教がどんな宗教なのか?」という点について、様々に面白い知識や視点を与えてくれました。本書は三部構成になっていて、第一部はキリスト教の元となった「ユダヤ教」と、そこからキリスト教が生まれるまでの話が、第二部はイエス・キリストの登場からキリスト教がどう生み出されていったのかの話が、そして第三部はそんな風に生まれた「ふしぎなキリスト教」が、いかにして世界に影響を与えていくのかという話が描かれていきます。
まえがきで大澤真幸氏は、近代を知るためにはキリスト教を知るしかない、というようなことを書いています。

『「われわれの社会」を、大きく、最も基本的な部分でとらえれば、それは、「近代社会」ということになる。それならば、近代あるいは近代社会とはなにか。近代というのは、ざっくり言ってしまえば西洋的な社会というものがグローバルスタンダードになっている状況である。したがって、その西洋とは何かということを考えなければ、現在のわれわれの社会あどういうものかということもわからないし、また現在ぶつかっている基本的な困難が何であるかもわからない。
それならば、近代の根拠になっている西洋とは何か。(中略)その中学にあるのがキリスト教であることは、誰も否定できまい。』

『近代化とは、西洋から、キリスト教に由来するさまざまなアイデアや制度や物の考え方が出てきて、それを、西洋の外部にいた者たちが受け入れてきた過程だった。大局的に事態をとらえると、このように言うことができるだろう。』

『これらと比べたとき、日本は、キリスト教ときわめて異なる文化的伝統の中にある。つまり、日本は、キリスト教についてほとんど理解しないままに、近代化してきた。それでも、近代社会というものが順調に展開していれば、実践的な問題は小さい、しかし、現代、われわれの社会、われわれの地球は、非常に大きな困難にぶつかっており、その困難を乗り越えるために近代というものを全体として相対化しなければならない状況にある。それは、結局は西洋というものを相対化しなければならない事態ということである』

感想

なんかこれは凄いなと僕なんかは思います。なるほど、キリスト教を信じることは「ご利益」とかではないのか、と。日本人は、そういう短絡的な発想でしか「神様」とか「仏様」とかに助けを求めないけど(笑)、キリスト教というのはもうそういうことではないんだな、ということがわかりました。凄いなぁ。「理不尽なことを合理的に受け入れていくことが祈りであり信仰なのだ」という考え方は、僕にはなかなか受け容れられそうにありませんけどね。凄いなと思います、キリスト教を信じている人。
他にも色々と書きたいことはあるんですけど、正直キリがなくなるんでこの辺にしておきます。とにかく、メチャクチャ面白い作品です!キリスト教に興味があろうとなかろうと、絶対に読んだほうがいい作品だと思います。実際に理解するにはキリスト教徒になって信仰を実践するしかないでしょうが、本書を読めば、キリスト教についてわかった気になれますよ!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く