笑い三年、泣き三月。(木内昇)の書評・感想

1264views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑い三年、泣き三月。

舞台は、終戦直後の上野。
地方で万歳芸人として旅回りを続けてきた岡部善造は、一座を抜けだして上野までやってきた。芸人として一旗上げようと思ってやってきたのだ。浅草というところで、面白い芸人が次々と出てきているらしい。
右も左も分からない善造に目をつけたのが、東京空襲で家族を皆亡くし、浮浪児としてなんとかこの辛い状況を生き抜いている少年・田川武雄だった。武雄は善造が持つトランクの中に食料がたんまり詰まっていると見て、道案内をするフリをしてトランクを奪ってやろうと考えていた。厳しい寒さを生き抜くのはなかなか辛く、空腹やシラミなども押し寄せてくる。どうにか空腹だけでも満たせないかと、武雄は日々必死で頭を使っているのだ。
しかし善造は、頓珍漢にもほどがあった。受け答えが牧歌的過ぎて、つい先日まで戦争をしていた日本で生きてきたとは思えないほどだった。善造は、自分はもう万歳(マンザイ)の世界では有名だ、東京に出てきさえすればどこでも雇ってもらえるはずだ、あるいは自分の芸でお金をもらえるはずだ、という、どこから出てくるのかわからない自信を持っているのだけど、そのくせ、武雄が時折口にする、ちょっと前に流行った漫才(マンザイ)芸人のネタをことごとく知らないのだ。
武雄はともかく、善造が舞台に上がることが出来るという幻想を抱かせるために、小屋を回ることにした。しかし当然門前払い。しかしその最中、子供の前で屁をひりだしている男を見て善造は感銘を受け、是非相方にしたいと騒ぎ出したのだ。
その男が、かつて映画の世界で働き、戦中は南方にやられてからくも生き延びた鹿内秀光だ。
秀光は、突然やってきたわけのわからないおっさんと子供のコンビに不快さを隠しもしなかったが、空腹に死にそうになっている武雄の眼力にやられた。結局彼らは、鹿内が下働きすることに決まっているミリオン座で雇われることになった。
ミリオン座の支配人である杉浦保は、小屋をかかげたものの一向に開くこともなく、武雄はとりあえず雨風のしのげるところで生活できるようになったものの、こんな連中と長いこと一緒にはいられないと、春になったら出ていこうと考えている。善造は相変わらず、クソ面白くもないネタばかり繰り出し、鹿内もどうにもならない世の中でやさぐれていた。
支配人の杉浦は、とある小屋で見たショーに度肝を抜かれ、ミリオン座はとりあえずエロで行くことに決めるのだが…。
というような話です。
これはかなりいい作品でした。この著者の作品を読むのは二作目で、一番初めに読んだ「茗荷谷の猫」が僕的に正直あんまりだったんですけど、これは良かったです。
とにかく、雰囲気が良い小説なんですね。本書は、良い点を個別に挙げようと思ったらたくさん挙げられるんだけど、まず雰囲気がいい。終戦直後という世界を、そんな世の中で娯楽を提供しようとしている人々から描く、という視点が、凄くいい雰囲気を醸し出している。戦争というとどうしたって、戦闘の厳しさや飢えの辛さ、何もかもが思うようにいかない苦しさなんかを全面に描く作品が多いような気がするんだけど、本書はそういう部分にではなく、娯楽というものを通じて世の中を見る人々のしたたかさとか力強さみたいなものを描いていて、戦争をそんな風に切り取るという新鮮さがありました。

感想

誰しもが、とにかく生きることしか考えられなかった時代。何もかも自分の思い通りにはならなかった時代。そんな世の中にあって、娯楽という、世間から見れば下に見られがちなものを通して、それに関わる人々の成長や世の中のあり方を見事に切り取った作品です。様々な人達のどうにもやりきれない思いがそこかしこに降り積もっていて、その降り積もったものが見事に背景になって作品としての深みが出ているのだろうと思います。その時代の空気を、重苦しくなく、それでいて的確に切り取る手腕は、もちろん終戦直後の時代のことなんて直接に知っているわけでもない僕にも光景が鮮やかに浮かぶようで見事だと思いました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く