預言者ピッピ 1巻(地下沢中也)の書評・感想

1225views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
預言者ピッピ (1)

珍しく続けてコミックを読んでいます。
主人公は、ピッピ。タミオといつも一緒にいて、二人は仲良し。
二人はいつも一緒にいて育ったけど、二人には大きな違いがある。
ピッピは、未来を予知出来る。
ピッピは、科学者が総力を結集して作ったロボットだ。例えばピッピは、パチンコ台のようなものに卵を落とし、どういう経路を卵が通るのか、正確に予測することが出来る。卵の初期状態におけるありとあらゆる情報を収集・分析し、それらを数学的・統計学的に処理することで、未来がどうなるのか完璧に予測出来てしまうのだ。
ピッピは、日本の地震研究所で管理されている。そして、ピッピに直接入力される情報(たとえばタミオと喋ったりしたことなど)以外は、地震に関係する情報しか入力されないように厳しく管理されている。人間は、技術的にはクローン人間を作り出せるけれどもそれをしないように、ピッピはありとあらゆる未来予知が出来るのだけど、地震予知だけに留めておくよう科学者は自分たちを戒めているのだ。
しかし、ピッピを取り巻く状況はどんどんと変わっていく。
ピッピは地球上でたった一体しかない、前例のない存在だ。そのピッピが、前例のない状況に次々と置かれていく。人間は、ピッピを使いこなすことが、管理しきることが出来るのだろうか…。
というような話です。
これはメチャクチャ面白い!凄いなこの作者。ちょっとびっくりした。
僕がこの著者のことを知ったのは、「コミックいわて」という、岩手県が発行したアンソロジーコミックです。岩手出身・在住の漫画家の作品を集め、岩手県が発行するというなかなか斬新な企画で、本書の著者である地下沢中也も「コミックいわて」に作品を書いていたのでした。
僕は「コミックいわて」に掲載されている作品の中で、地下沢中也の作品が一番気になりました。話としてはまったく理解不能で、なんだかよくわからないまま終わったんですけど(褒めてるんですよ、これ!)、メチャクチャ気になる作品でした。
それで、地下沢中也の作品が気になると言ったら、この「預言者ピッピ」を教えてもらえたのでした。
僕の場合本当にタイミングがよかったんです。「預言者ピッピ2巻」がつい最近発売になったんですけど、実はそのお陰で1巻が重版されたのでした。もし2巻が出るタイミングでなかったら、僕は1巻を手に入れることは出来なかったでしょう。なんだか凄くいいタイミングだったなぁ、と思いました。
本書の何がいいのか、というのは、非常に伝えにくい。マンガなのに、という表現はマンガに失礼かもしれないけど、普段マンガを読まない僕としては、マンガという土俵でこんなに深く考えさせられる物語が存在するんだなぁ、とか思ってしまいました。
ピッピの存在は、麻薬のようなものです。ピッピの能力は、未来のありとあらゆるすべての予測を完璧に正確にすることが出来る。麻薬のように、それは危険な存在だ。麻薬は、人間に多大な快楽を与える。そして、一度依存してしまうと、それなしで生きていくことが難しくなる。
ピッピの存在は、多大な快楽を与える。それは、『未来を知ることが出来る』という、ただそれだけの単純な快楽ではない。ピッピの存在が、どんな快楽を引き起こすことになるのかは、是非本書を読んでほしいのだけど、なるほど、という感じだった。ピッピの予言が引き起こす快楽は、ちょっと後戻り出来そうにないほど恐ろしい。そしてそれは、ピッピの不在を許さないほどの強いものになる。

感想

本書は2007年5月に発売された。2巻がつい最近発売になったから、実に四年半ぶりに続きが出たということになる。待ち望んでいた人はきっと多かったことだろう。僕は、すぐ読める。これは幸運だなぁ。
凄い物語です。マンガを読んで感動する、ということは、これまでの僕の人生にはありませんでした。マンガのことはよく分かりませんが、コマ割りが凄いとか絵がムチャクチャ上手いとか、そういう感じはないような気がします。でも、なんだか落ち着かないような、心をざわつかせるような物語を描く。そしてそれは、3.11よりも後に読んだから、という理由も大きいのかもしれない、と思う。僕は最近いくつか新書を読んでいて、そのどれもが僕に『自分の頭で考えろ!』と強く訴えかけてくる。それぐらい、今の日本は(僕も含めて)自分の頭で考えない人間が多い。その怖さを、本書が増幅して提示して見せてくれた。そんな気がします

預言者ピッピ (1)

預言者ピッピ (1)

  • 地下沢中也

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く