暴力団(溝口敦)の書評・感想

1513views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
暴力団 (新潮新書)

本書は、社会畑を主とするノンフィクションライターである著者が、長年暴力団の世界の中でトップである山口組を見続けてきた経験を踏まえ、日本の暴力団という組織について、その来歴や構造や現場などについて余すところなくすくいとった、著者曰く暴力団ものの集大成のつもりで書いた作品、だそうです。これからどんどん落ち目になっていくだろう暴力団という組織の今を残す、という意味で、なかなか面白いノンフィクションになっているのではないかなと思います。
各章の章題に沿って、どんな内容が書かれているのかざっと追ってみます。
第一章は、「暴力団とは何か?」 ヤクザと暴力団の違い、指定暴力団とは何か、そもそもどんな仕組みで成り立っている組織なのか、共生者や暴力団関係者っていうのはどういう立ち位置の人を指すのかなどなど、とにかく暴力団という存在に対する基本的な知識が描かれていきます。
警察庁が22の指定暴力団を定めているそうなんですけど、その22の団体で全暴力団組員数の96.1%をカバーしてるんだそうです。また、トップの山口組だけで全体の半分弱ぐらいの組員数で、山口組って凄いですね。
第二章は「どのように稼いでいるか?」 一般的に「シノギ」と呼ばれる様々な稼業によってお金を稼ぎ、それを親分に上納するという仕組みでやっているわけですけど、暴力団というのは、組の名前を使うことを許可するだけで、どうやってお金を稼ぐかはそれぞれの才覚に拠っているわけです。
基本的なシノギは四つと言われていて、本書では覚醒剤・恐喝・賭博・ノミ行為の四つについて詳しく書かれます。
第三章は「人間関係はどうなっているか?」 どんな経緯で暴力団に入るのか、女性は入団できるのか、どうやったら出世出来るのか、刺青を入れたり指を詰めたりするのは何故か、というような、暴力団に入ること、そして入った後で絡む様々なことについて書かれます。
本書で何度も書かれることなんだけど、本章でも書かれていることに、「暴力団員は一般人を殴れない」というのがあります。これは何故かというと、裁判によって「使用者責任」というものが組長に対しても及ぶという判例が作られたからです。
どういうことかというと、例えば組員の誰かが暴力を振るったことで、そのトップである組長にも「組員を使用した」という責任を負わせる、というものです。この判例以降、山口組なんかでは組員に、絶対に喧嘩はするな、と忠告しているそうですし、山口組と刷られた名刺をすべて回収して破棄している、なんて話もあるそうです。
第四章は「海外のマフィアとどちらが怖いか?」 ここでは、日本の暴力団と、イタリアやアメリカのマフィア・香港の三合会・台湾や中国の流氓(リュウマン)などについて、それぞれどう違うのか、という比較がなされます。
それぞれ様々に違いはあるのだけど、一番の違いは公然性と非公然性だと言います。日本の暴力団は、その存在や成員が公にされている一方、諸外国のマフィアらは、完全に表に出てこない秘密組織です。これは、どんな犯罪をメインに金を稼いできたのか、という違いによるところが大きくて、後々の章で書かれるけども、日本でも最近は「半グレ集団」と著者が呼ぶグループが、そういう非公然性によってマフィア化しているんだそうです。

感想

著者の立ち位置は、暴力団に肩入れするでもなく、かと言って暴力団を敵視するわけでもなく、かなりフラットなところにいるように感じます。そういう視点で書かれている作品なので、僕らが誤解しがちな部分なんかの認識を改めることが出来たり、過剰に怖さを感じずに済むんだなと思えたりする感じの作品でした。暴力団以上にタチの悪い半グレ集団についても結構詳しく書かれていて、これからの世渡りにとってなかなか実用的な作品なのではないかという気がします。
自分から暴力団と関わろうという人はそうはいないでしょうけど、いつ関わることになるかわからない世の中ですし、暴力団の力が弱まっているとはいえ、とりあえず読んでおいたらいいんじゃないかなと思える作品です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く