腹筋運動が嫌いな人におすすめの腹だけ痩せる「ドローインダイエット」

1640views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)

植森式ドローイン

おなかをへこませる動きによって、

①筋肉の形状記憶効果で腹囲がダウンする
②何回か続けることでおなかの脂肪が燃える
③エネルギーを消費しやすい体になり、効率的に脂肪が燃える、つまり痩せる

という段階的な効果が得られます。

おなかが変わるたった二つのアプローチ

基本をしっかりおさえていただければ、自由自在にカスタマイズできるのが、植森式「おなか痩せ」のいいところでもあります。

あなたの理想のおなかにするために、必要なのは次のうちどちらでしょう? もしくは両方ですか?

脂肪を減らす
腹の形を変える・サイズを落とす

「腹が痩せた」という結果を出すためには先の二つの要素を満たしていなければなりません。「植森式ドローイン」では、まず筋力を高めることで形を変えてサイズを落とし、次に筋持久力を高めて脂肪を落とすというアプローチを取ります。先に挙げた順とは逆であることにご注意ください。

先に形が変わるので、どんな運動よりも早く無理なく理想のおなかを作っていけるのです。

基本のへこませ方

背すじを伸ばしておなかをギュッとへこませるだけ。植森式ドローインのメソッドは、実にシンプルです。無条件にへこませるだけでもやらないよりはずっといいのですが、やり方次第で効果の出方はかなり違ってきます。

①背すじを伸ばす

まず、背すじをまっすぐ伸ばしてみます。なんとなく伸ばすのではなく、これ以上は伸びないというところまで伸ばします。目線を最大限高くする感じです。顎は出さないように注意してください。

②肩を後ろに引く

次に背すじをしっかり伸ばしたまま、両方の肩を軽く後ろに引きます。ご自分の肩がすっと後ろに動いたか、目や鏡で確認してみましょう。

③おなかを凹ませる

背すじを伸ばし、肩を軽く引いた状態から、より大きくおなかを凹ませます。おなかはしっかり凹みますか? 下腹もしっかり凹むか、動きの悪いところはないか、洗面所やお風呂などで確認してみるといいでしょう。気になるところを触りながら行うとわかりやすいでしょう。

感想

腹筋運動が嫌いな人におすすめのドローインダイエット。お腹をへこませるのを意識するだけでお腹が痩せます。モノグサちゃんにおすすめのダイエット本です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く