GANTZ1巻-黒い玉-

8501views気になる本気になる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

主な登場人物

部屋に転送された人たちと異星人

  • 玄野計

  主人公。普通の高校生。電車に轢かれて死ぬ。

  • 加藤勝
  玄野の子供時代の友人。電車のホームで偶然会う。電車に轢かれて死ぬ。
  • 岸本恵
  可愛い女の子。風呂場で自殺を謀る。
  • 西丈一郎
  中学生。なにか知っている。
  • ネギ星人
  強くて臭い。好きなモノはネギ。

本のあらすじ-黒い部屋-

事故

始まりは駅のホームグラビア雑誌を見ながら電車を待つ横に加藤が登場する。しかし加藤は玄野だとは気付かず立っている。玄野は加藤だと気付くもスルーする。そこに電車にホームレスが落ちる。助けに行く加藤であったが玄野は棒立ち。救助している加藤は玄野を発見し手伝ってくれるようにお願いし渋々手伝う。そしてホームレスを救助し自分たちもホーム上がろうとした時電車が来てしまい死んでしまう。

黒い玉の部屋

死んだと思った玄野たちはなぜか東京タワーの見える部屋の中にいた。そこには同じ境遇の人々がいた。そしてそこでお互いがどうやって死んだのか話している時、ラジオ体操の音が流れ、部屋の真ん中にあった黒い玉にネギ星人が映し出される。そしてたくさんの見たこともないような武器が現れ一同は住宅街へと3Dプリンターのように転送される。

これはテレビの撮影です。

その部屋にいた中学生はこれはうちの親がやっているテレビで異星人を倒すと一千万もらえると言う。玄野達は疑念を抱いているも他の者達は躍起になってネギ星人を探す。見つかったネギ星人は小さく弱く子供のようだった。

殺害

ネギ星人を見つけて殺そうとするも逃げられる。しかし一千万欲しさに追いかけて殺害してしまう。そこに現れたのは大きなネギ星人であった。そして部屋にいたヤクザは戦いを挑むもコメカミを掴まれて簡単に持ち上げられてしまう。そして他の人が撃った銃の盾となり死亡してしまう。

GANTZまとめのまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2138573331375078501

感想

かなりグロテスクなシーンが多いです。中学生の頃初めて見て吐きそうになった記憶があります。本を読まれる際には十分気をつけてお読みください。それと若干のエロもあります。漫画としては戦闘シーンが多く躍動感のあるのが印象的です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く