A マスコミが報道しなかったオウムの素顔(森達也)の書評・感想

2050views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)

本書の存在は、前から知っていた。ただ、どうしてか読まなかった。確か何か読まないことに決めた理由があったはずだった記憶があるのだけど、もう思い出せない。近々僕は、森達也と石井光太のノンフィクション講座のようなものに参加させてもらう。そのために、森達也の作品を読もうと本書を手に取った。今まで読んで来なかったことを後悔するような作品だった。
内容に入ろうと思います。
本書の内容は、一言で説明できる。『一介のテレビの雇われディレクターだった森達也が、オウムのドキュメンタリー「A」を撮影した過程を描いたノンフィクション』。しかし、そんな説明では零れ落ちるものがたくさんある作品だ。
地下鉄サリン事件が起こり、オウム真理教への過剰な報道合戦が繰り広げられている中、森達也は報道の中に身を置きつつ、どうしても違和感をぬぐい去ることが出来なかった。その違和感は、スパッと言葉で表現できるほど簡単なものではない。だから、という言葉で繋げていいのかどうかわからないけど、森達也はオウム真理教を題材にしたドキュメンタリーを撮ることにした。
ある場面で森達也は、マスコミ関係者に向ってこう感じる。

『しかしオウムという単語が方程式に代入された瞬間、おそらくは彼の思考が停止した。』

森達也は、上祐史浩に変わってオウム真理教の広報担当になった荒木浩にアプローチをする。何故荒木だったのか、それは初めの内は自分の中でも理解されない。しかし次第に、荒木が教団の言葉と世間の言葉の狭間でもがいている人物であること、そしてそれが、既存のマスメディアの報道とそれに違和感を覚える自分という図式に重なり合う部分があることに気づく。もちろん、荒木に着目した理由はそれだけではないが。
森達也は荒木に、ドキュメンタリーの撮影を依頼する。モザイクは一切使わない(その理由を森達也はこう説明する。『モザイクは対象となる人や場所の固有性を隠すという本来の機能よりも、「負の要素を持つ人」という一つの記号としての意味を持ち始めた。』)など、オウム真理教側にとってなかなかハードルの高い条件もあったが、森達也はどうにか荒木を説得する。
初めて撮影にやってきた日、荒木は森達也にこう語る。

『でも、ドキュメンタリーって以来は、森さんが初めてですよ』

基本的にマスコミは、素材が得られればいい。それはテレビ局や新聞社にとって、自分たちの報道したいことに合致した素材であれば、それ以上のものは要らない。基本的にそういうスタンスで取材が行われてきたから、誰もオウム真理教をドキュメンタリーで撮る、内側から見るという発想をしなかったのだろう。
何故オウム真理教のドキュメンタリーを撮るのか、撮りたいと思ったのか。森達也には自分の中で分からないまま撮影が始まる。功名心もなかったわけではないだろう。実際始めの内は、テレビで放送されることが前提で映像が撮られていた。しかし制作会社から撮影には協力できないと通達され、一人で撮ることを決意し、どこで発表するのかという当てもないまま、森達也はひたすらに撮り続ける。
やがて森達也は、おぼろげにつかみ始める。オウム真理教という存在についてではなく、オウム真理教をドキュメンタリーで撮りたいと思った自分の気持ちを。

『…ずっと考えていた。撮影対象であるオウムについてではない。自分についてだ。「オウムとは何か?」という命題を抱えて撮影を始めた僕が、いつのまにか、「おまえは何だ?」「ここで何をしている?」「なぜここにいる?」と自分に問いかけ続けている。』

感想

様々な場面でこういう述懐が現れる。オウム真理教と相対し続けることは森達也にとって、自己を客観的に、そしてさらにオウム真理教という特殊な視点を含ませた客観から自己を見つめ直す過程でもあった。オウム真理教に食い込み少しずつ抉っていく過程も非常にスリリングだ。しかし同時に本書は、オウム真理教とカメラを介して対峙する無名の映像マンの葛藤も非常にスリリングで読み応えがある。
結構色んなノンフィクションを呼んでいる方だと思うけど、本書はかなり印象に残る強い作品でした。映像作品である「A」も見てみたいと感じました。是非読んでみてください。今の自分のあり方や社会やマスコミとの関わり方なども含め、様々なことを考えさせられる作品だと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く