A3(森達也)の書評・感想

1678views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
A3 上 (集英社文庫)

とんでもない作品を読んだ。
繰り返す。
とんでもない作品を読んだ。
本書は、オウム真理教を内側から撮りセンセーションを巻き起こしたドキュメンタリー『A』から続く著者のライフワークのような作品。『A3』というドキュメンタリーも撮り始めていたものの、『A』『A2』があまりにも興業的にうまく行かず、文章にシフトせざるを得なかった、と書いている。
本書は、森達也が初めて、そして最後になるだろう麻原彰晃の裁判を傍聴したことがきっかけで始まった。カメラを持ち込めない裁判という場は自分のフィールドではないと感じていた森達也は、オウム真理教とこれまで関わりながら、麻原彰晃を一度も自分の眼で見たことがなかった。一審の判決が言い渡されるその裁判を傍聴した森達也は、強烈な違和感に襲われる。
この裁判は、異常だ。
麻原彰晃は、明らかに何らかの精神的な障害を持つ症状を呈している。同じ動作を反復するし、どうやらオムツもしているようだ。
しかし、麻原彰晃に対して精神鑑定が行われたことは、それまで一度もなかった。裁判所が退けているのだ。
そしてさらに、そんな麻原彰晃の状態を長年見続けながら、この裁判の異常性を書いたり言ったりすることのない記者やジャーナリストの態度にも、森達也は強烈な違和感を覚える。
これでいいのだろうか?
麻原彰晃を含め、オウム真理教関連の裁判では、事件に関して明らかになっていることがほとんどない。地下鉄サリン事件にしても、誰が指示を出し、どういう過程で事件まで至ったのか、まるで究明されていないのである。もちろん、森達也は、正常な裁判が行われても真相が解明される可能性は低いだろう、と書く。しかしそれでも、麻原彰晃を精神鑑定し、麻原彰晃に治療を施してから再度きちんと裁判を行うべきではないか。現在の麻原彰晃には、裁判を継続できるだけの能力はない、そういう風にしか森達也には見えない。
本書で森達也は、ありとあらゆる方向からの視点を提示する。しかし、本書で森達也が訴えようとしていることは、その核心となる部分はシンプルだ。

「オウムは特別だ、という理由で作られた様々な例外が、やがて前提に変化し、社会を変えた」

本書では繰り返し、そう訴える。歴史は、次々に上書きされる。メディアは、それを意識しつつ行う。司法は、それを見越した上で、通常であれば考えれれない超法規的措置を繰り返す。
森達也は、警鐘を鳴らす。僕たちがかつてどういう社会にいたのか、そしてそれをオウム真理教がどのようの変えてしまったのか、現在の社会はどうなっているのか。森達也は、思い出して欲しい、と訴える。
本書は、凄い内容だ。僕は好きでノンフィクションを結構読むのだけど、これまで読んだ中でも圧倒的な圧力と質量を持って本書は何かを訴える。森達也は、メディアにしても本にしても、完全な客観は存在しないと書く。本書も、森達也の主観から逃れることは出来ない。そして同時に僕は思う。本書をどう読むかも、読み手側の主観を逃れることは出来ない。本書を読んで何を感じるか。読む人によって大きく変わるのかもしれない。
本書で提起されている問題意識は、そのスケールの差は大きいけれど、僕が常に抱えている問題意識と相似形を成す。
僕が抱えている問題意識はこうだ。

「大多数の支持がありさえすれば何をしてもいい、という社会の圧力が強調されすぎている」

僕は最近、常にこれを感じる。世の中のあらゆることに対して。それは、僕が働いている業界に対してもそう感じる。

感想

僕は、今の社会が嫌いだ。嫌いというか、怖い。狂っているとさえ思う。僕らはもう長いこと、これが常態と化している中で生きている。だからこそ、日常になってしまったこの社会そのものについて深く考えることは面倒臭い。この社会のありようを無自覚に受け入れる、前提とする方が楽だ。そうやって社会はより一層、危険な坂を転がり落ちていくことになる。
是非とも読んで欲しい。自分の思い込みを、自分の価値観を、自分の信念を、少しずつ疑おう。それは、あなた自身のものではないかもしれない。社会によって、もっと言えばオウム真理教によって、あなたの中にいつの間にか代入されただけの代物かもしれない。それを見極めよう。たぶん僕たちは、そうしなければならない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く