女子校に関するあれこれ!女子校育ち(辛酸なめ子)の書評・感想

1280views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子校育ち (ちくまプリマー新書)

本書は、自身も女子校出身である著者による、女子校に関するあれこれを見聞きしたり取材したりしたものをまとめた作品です。
冒頭で著者はこんな風に書いています。

『ある時、「女子校出身者は生きづらそう」と知人に指摘されて、ハッとしたことがあります。思い返せば、共学出身の女性のゆおうに、自然体で女を武器にできないというか、女を出すことに抵抗を感じてしまうふしが。中高の六年間という多感な時期に、ほとんど異性と接する機会がなく、女子力を磨いてこなかった影響はかなり後を引いてしまうようです。女子のみの気の置けない環境で批判精神を発達させてきたので、可愛げのない女になってしまいました。ふつうに率直な感想を述べているだけでも「キツい」とか言われてしまいます。もっと女らしく、かわいいものにエモーショナルに反応したり、自然な女性フェロモンを出せれば、ラクに生きていけたかもしれません。でも、そんなデメリットを差し引いても、女子校で過ごした六年間は私にとってはかけがえのないものでした。』

もちろん、すべての女子校出身者がこの意見に賛同するかどうかはわかりませんが、本書を読んでみる限り、なるほど女子校というのがそういう場所であるならばそういう感じになってもおかしくないのかもな、という感じはしました。
僕自身は、女子校というものに特別これというイメージを持っていません。男の目が周りにないから、凄くだらしない感じになりそうだなーとか、男性教師はちょっと羨ましいけど大変そうだなー、みたいなイメージしか持っていませんでした。小説でも、女子校が舞台のものってあんまりないような気がします(百合的な小説を除き)。それは、本書を読んでなんとなくわかった気がします。女子校というのは、百合的な部分を除けば、なるほどなかなか物語の立ち上がりにくい環境なのだな、と思いました。女子校出身者が卒業して大学に行ったり社会に出たりという風になれば、それまでの価値観とのギャップから物語の生まれる余地はあるんだろうなという感じがしますけど、まさに女子校を舞台にした作品というのは、物語が生まれにくいのだろうと思いました。
本書は、とにかく辛酸なめ子が色んな人に話を聞いたり、あるいは自身で文化祭に行って見聞きしたりという作品です。統計的なデータはありません。基本的に辛酸なめ子の主観で女子校というものが分析されていきます。作中に、

『女性の種類は、思春期を過ごした学校で決まるような気がします。』

って表現があって、なるほど確かに、本書に描かれているような環境であるならば、共学か女子校かで、また女子校であってもどんなタイプの学校を選ぶのかによって、それから先の人生が大きく変わるような気がします。あくまでも辛酸なめ子の主観を通じた女子校の分析であることをきちんと頭に入れつつ読むのであれば、これから女子校に行こうかどうしようか迷っている首都圏周辺の中学生なんかが読んだら、結構参考になるんじゃないかなと思います。まあもちろん、親世代が子どもに行かせたい高校を選ぶ際にも、役立つかもしれませんけどね。

感想

本書で気になった文章をいくつか抜き出して終わろうと思います。

『女子校出身者の男性への過剰な警戒心の根本は、いじめの対象であった男という生き物からいつか復讐されるのではないか、という恐怖もあるように思います。』

『以前共学出身の女性が「男性にモテたいというのが仕事の原動力」と言うのを聞いて、ギャップを感じたことがあります。女子校出身者の場合は、男受けよりも、女子にモテたい、嫌われたくない、という意識で言動に注意を払います』

『共学校の場合は、男子がいて男性的な麺を担っているので、女子は男子のサブ的な位置となり、自分の中の男性性を抑えて女性性を育むことになります。よって、共学の方が、女女した女子が多くなるような気がします。』

さらっと読むには楽しい読み物だと思います。身近に女子校出身者が多い、という男性にも是非。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く