ラーメンと愛国(速水健朗)の書評・感想

2025views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラーメンと愛国 (講談社現代新書)

本書は、内容的にかなり多岐にわたっているので、ひと言でまとめようとするとどうしても大雑把になってしまうけど、「ラーメンとは日本人にとってなんなのか?」という問いを軸として、戦前から現在に至るまでのラーメンの存在の変遷や、ラーメンという存在が国民性に与えた影響などについて深く探っていく作品です。
内容紹介が難しいなぁ。
各章の章題と、ざっとした内容を書くことで内容紹介に代えたいと思います。

第一章「ラーメンとアメリカの小麦戦略」
この章では主に、「ラーメンが日本に根づいた背景には、戦後の闇市でのラーメンの屋台と、アメリカによる小麦戦略があった」という内容になります。戦前は「都市下層民」の夜食でしかなかったラーメンは、戦後、栄養=カロリーであった時代に、栄養食としてもてはやされた。一方でアメリカは、諸事情により国内で余り過ぎた小麦をどうにか処理すべく、日本をその標的とする。給食がパン食からスタートしたことを皮切りに、それまでの米食から、日本人の主食に小麦が入り込んでいく過程を描く。

第二章「T型フォードとチキンラーメン」
この章では、「太平洋戦争に見る日本とアメリカのものづくり思想の差と安藤百福の挑戦」という感じでしょうか。日本のものづくりは「職人」が表に出やすいのに対して、アメリカでは大量生産を前提とした仕組みが早くから取られた。それが戦争の勝敗を決し、日米のものづくりの思想の差異にもなっている。そんな中で、「工業製品としてのラーメン」を最初から目論んでチキンラーメンを作り上げた安藤百福の挑戦も描く。

第三章「ラーメンと日本のノスタルジー」
この章では、「ラーメンがその時代とどう結びついていたのかとラーメンが国民食になっていく過程」という感じでしょうか。著者は昭和33年を境にして、一つ時代が区切られるという。その境目にラーメンは存在し、ドラマや漫画でも「貧しさの象徴」としてラーメンが頻繁に登場することを示す。その一方で、団塊の世代の受験期と深夜ラジオとラーメンの相性、あさま山荘事件の中継などを契機に、ラーメンの裾野がどんどんと広がっていく過程を描く。

第四章「国土開発とご当地ラーメン」
この章では、「田中角栄の作り上げた政治形態との関わりから見るご当地ラーメンの登場」という感じでしょうか。田中角栄は、中央と地方の関係を、また政治とお金の関係を大きく変えた人物であり、その田中角栄の盛衰の過程で地方の力が弱まることで、何か特色あるものを出さねばということで、ある種の必然としてご当地ラーメンが登場していった過程を描く。ご当地ラーメンはそういう背景を持つので、地方の独自色を反映して生まれていったものではない、という論考が面白い。

第五章「ラーメンとナショナリズム」
この章では、「メディアとラーメンの関わりと信仰としてのラーメン店」という感じでしょうか。ニュースでラーメンの特集が頻繁になされたり、バラエティ番組の企画でのラーメンの扱われ方などを通じて、ラーメンが国民的なブームになっていく過程を描きつつ、ラーメンが表層的なナショナリズムと結びついて、ある種信仰に近いような存在になっていく過程を描いていく。

というような話です。
なかなか評価の難しい作品ではあるのだけど、純粋に読んでて面白い作品でした。
評価が難しいなぁと思う点は、個人的には二点あります。

感想

また、これからのビジネスを考える上で、ラーメン業界というのは凄く面白いんだなと感じました。外食産業で、ラーメン業界だけが唯一、平均価格が上がっているんだそうです。しかも、他の多くの外食産業が、低価格競争にさらされ、体力のある巨大資本しか生き残れなかったのに対し、ラーメン業界は個人商店が8割を超えること、またのれん分けなどの伝統的な日本の技の伝承が未だに活かされていること、また参考にはなりにくいけど「ラーメン二郎」というラーメン屋の特殊性など、こと最終章に限って言えば、ビジネス的な視点からも読むことが出来るな、と感じました。
書かれている内容の信憑性についてはちょっと留保をつけたいけれども、読み物としては抜群に面白いし、ラーメンという、日本や日本人を考える上でなかなか主軸にしないだろうものを敢えて真ん中に持ってくることで、普段持つことがない新しい視点で世の中を見ることが出来るので、面白い

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く