ヒトリシズカ(誉田哲也)の書評・感想

836views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒトリシズカ (双葉文庫)

本書は、6編の短編が収録された連作短編集です。
なのですが、本書は「どのように連作短編集なのか」という点については、本書における大きな読みどころの一つなので、このブログの感想では、その点を出来る限り伏せた形で書こうと思います。

「闇一重」
警視庁小金井警察署新小金井交番に務める、かつて刑事課にいた巡査部長・木崎は、普段事件も起こらないのんきな管内で緩やかに日常業務をこなしていた。がある時管内で銃器発砲事案が発生、捜査本部が置かれることになった。捜査経験のある木崎もそれに加わることになった。
死亡したのは、大和会系奥山組傘下の暴力団、猪俣組の小池基文。捜査を続けるとこの小池、女子高生らに売春をさせていたことがわかってくる。次第に容疑者が浮かび…

「蛍蜘蛛」
警視庁西新井署生活安全課防犯係に所属する山岸は、諸事情により本庁との捜査本部が立ち上がらなかった殺人事件について、とりあえず人出が欲しいからと応援に駆り出されたのだった。とはいえ、捜査の経験などない素人。何が出来るというほどでもない。
しかし、捜査会議に出席していた山岸は、被害者の顔写真を目にして、最近気に入ってよく行っていたコンビニを思い出した。そこで働く飯村ユミという女の子が凄く可愛いのだけど、かつてその飯村ユミに相談を受けた時…

「腐屍蝶」
元警察官で、現在は探偵事務所を開いている青木は、警察時代大いにお世話になった上司である伊東から、娘を探して欲しいと依頼される。伊東の方に何か事情があるようで、情報は出し渋られたが、しかしまあそれは仕方ない。他でもない伊東の頼みを聞かないわけにはいかない。
伊東の娘が死体で見つかったと連絡があったのは、しばらくしてからだった…

「罪時雨」
八王子署生活安全課の課長である伊東は、署に一番近い床屋に常に通っていた。そこで働く女主人の姪っ子だという深雪という女性が、一緒に暮らしている男から暴力を振るわれているから相談に乗ってもらえないかと請われ話を聞くことに。ひと通りの対策を伝え、細やかに連絡を取り合い、時折顔を出しに行く。その事件が起こったのは、そんな矢先のことだった…。

「死舞盃」
麻布署の刑事課に所属する矢部は、大和系暴力団、奥山組の傘下団体である天州会麻布の代表である南原義男宅で銃撃戦が起こり、多数の死傷者が出た事件を追うことに。暴力団同士の抗争だろうと思われたが、調べを進めていく内にどうも、整合性の取れない情報が集まってくる。どうも現場に、謎の女が一人いたようだ…。

「独静加」
警視庁刑事部二課特捜六係に所属する藤岡は、運動会の校庭である女を確保するために部下数人と作戦を展開し、無事容疑者を確保することができた。戸籍を買い取り、別人として生活をしていた疑いのある女だが、取り調べには一切応じない。
そんな中、既に警察職を退職しているOBらから、藤岡は十数年前に起こったとんでもないいくつかの事件のあらましを聞かされる…。

というような話です。

感想

ただ、一点、これは著者への期待の高さだと思って欲しいんだけど、やっぱり誉田哲也の作品には、もっと魅力的な女性が出てきて欲しいなぁ、と思います。
「ストロベリーナイト」のシリーズも「ジウ」のシリーズも「武士道」シリーズも、どれもみな主人公が女性で、しかも女性の描写がなかなか魅力的です。本書は、普通の男が主人公の、そういう意味ではまあよくあるタイプの警察小説なんだけど、そうなるとなかなか女性が出てこないんで、そういう点で若干の不満はあるかな、という感じはします。
本作の肝心要の部分についてはちょっと触れられないので、感想で書けることがちょっと少ないんだけど、なかなか面白く読める作品だと思いました。警察小説があんまり、という人でも楽しめる作品なんじゃないかなと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く