今の若者って?絶望の国の幸福な若者たち(古市憲寿)の書評・感想

1788views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
絶望の国の幸福な若者たち

本書は、東京大学の大学院に在籍中の学生であり、友人と会社を経営する経営者であり、かつ若手社会学者として今最も注目されている著者による、「若者論」です。
とはいえ、いわゆる「若者論」のような、今の若者ってこうだよね、昔と違ってこんな風だよね、というようなことだけが書かれている作品ではありません。本書は、「若者」というのが日本の歴史上いつ生まれ、これまでに様々に主張された「若者論」を分析し類型化し、「日本」という国がどのように成り立ちかつそれがどのように崩壊しつつあるのか示すというような、「若者」を扱うことで「日本」という国や社会、あるいは歴史について考察している、そんな作品になっています。
そもそも著者は、本書の中で「若者」を定義しない。ざっくりとこういう感じの対象だと考えているけれども、みたいな表記はちらほら出てくるけど、明確に「若者」を定義することはない。その理由は、最後の方で明らかになる。つまり、今の日本は「一億総若者化時代」であるためにどの世代にも「若者」は存在するし、また20代前後の人たちを「若者」という世代で一括りにしようにも、今の時代「若者」の幅が廣すぎて一枚岩では捉えられないのだ、というようなことが書かれる。そういう意味で本書は、単純な「若者論」ではない。
章毎にざっくりと内容を追っていこうと思います。
第一章は「「若者」の誕生と終焉」。この章では、「若者」という立ち位置がどのような歴史的経緯で生み出され、またその「若者」に対してどのような「若者論」が提示されてきたのかを追っていくことになる。
かつて日本では、世代で人を区別することが出来るなどと想像も出来なかった時代があった。なにせ、「農民」と「武士」は世代が同じだろうとその生き方はまるで違ったからだ。そういう意味で、世代によって人間を一括りにして語るというのは、実は歴史が浅いことだ。
本書では、戦争によって人々がある種の平等状態に置かれたことがきっかけで、「若者論」を含む「世代論」が可能になった、と書かれている。
これまでの「若者論」の類型化は非常に面白い。何故なら、今(2012年現在)で言われている様々な若者に対する言説は、もう何度も繰り返されている「若者論」の中に散見されるからだ。時代によって若者が変わらないのだ、という見方も当然できる。でも本書では、「自分が年をとって世の中についていけなくなっただけなのに、それを世代が移り変わったせいだと思ってしまう」ことが、「若者論」がいつの時代も存在し、かつ同じような内容が繰り返されていく主因ではないか、と指摘していて面白い。
第二章は「ムラムラする若者たち」。この「ムラムラ」には、「ムラムラする」という「ムラムラ」と、「村々」という意味の「ムラムラ」という二つの意味が組み合わさっている。
様々な統計によると、若者にとって、社会保障や雇用などで様々な世代間格差の存在するこの日本において、若者の幸福度は実に高いらしい。それを様々なデータを見ることで確認していくとともに、同時に、現在若者に対して言われている様々な言説についても、データで確認しようとする。
それら様々なデータから、今の若者は、「社会に対して何かしたい」と感じているのに「実際に行動に移すことは少なく」、とにかく「仲間がいれば楽しい」と思っている、ということになる。
これを著者は「ムラムラする若者」と呼ぶ。何かしたいと思っている「ムラムラ」と、仲間という小さな世界の中で満足する「村々」が組み合わさっているという。

感想

普段「日本」という国に生きていると、あまりに馴染んでいるが故に違和感に気づきにくい考え方について本書では気づかせてくれるので面白い。特に、「日本」という国を近代化するために「日本人」というものを発明し、様々なラッキーによって「経済成長が続けば」という条件付きで保たれていた「日本」という国家が、経済成長が止まったが故に国家として緩やかに崩壊しつつあるのでは、という話は、普段考えることがない話だったので面白かった。
本書を「若者論」として提示してしまうと興味が持てない人も出てくるかもしれないけど、「若者」と軸を中心に「日本」を考える本、と書くとちょっとは興味を持ってもらえたりするかな。この絶望的な国に生きる若者が何故幸福なのか、という点を主題としつつ、縦横無尽に様々な論点を考察していく本書は、なかなか読み応えがある。巻末の佐藤健との対談では、借り物ではない自分の言葉で語る佐藤健にかなり好感を

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く