動員の革命 ソーシャルメディアは何を変えたのか(津田大介)の書評・感想

935views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

本書は、ネットジャーナリズム界で有名な津田大介が語る、現在のソーシャルネットワークやその周辺の事柄について、『動員』をキーワードに書いた作品です。
まず、本書の大雑把な構成を説明します。
まず、津田大介氏による文章の展開としては、まず現在ソーシャルメディアの周辺で一体何が起きているのかを、アラブなどの革命の背景などを説明することで紹介し、そこから『動員の革命』というキーワードを引き出します。その後、ソーシャルメディアを使ってどんなことが出来る可能性が今後あるのか、その際にどんな点に注意しなくてはいけないのか、というような、ソーシャルメディアを使う上での実際上のテクニックやアドバイスについて書かれる。さらに、東日本大震災を引き合いに出し、東日本大震災においてソーシャルメディアがどんな風に役立ったのか、今後どんな風に役立てることが出来そうなのか、という著者自身による展望が描かれます。そして最後に、クラウドファンディングという、現在ソーシャルネットワーク上で起こりつつある、『動員』の先にある新たな革命について紹介しつつ、その可能性について語る、という感じです。
そして本書では、津田大介氏による文章の合間に、三人の人物との対談+もう一つ別の対談が収録されています。
一人目は、モーリー・ロバートソン。日本語で受験した初のアメリカ人東大生で、現在ジャーナリスト・作家・ミュージシャン。既存のメディアに囚われない形でのジャーナリズムやアーティスト活動を展開している。
二人目は、宇川直宏。グラフィックデザイナー・映像作家・文筆家、現代美術家と様々な顔を持つ全方位的アーティスト。「DOMMUNE」という、ライブストリーミングスタジオ兼チャンネルを開設し、国内外で高い評価を得ているという。
三人目は、家入一真。「paperboy&co.」を創業し、個人向けレンタルサーバー「ロリポップ」などを提供し、2008年に当時史上最年少でナスダックに上場。現在は、クラウドファンディングの一つである「CAMPFIRE」を立ち上げ、個人間の支援を仲介する仕事に関心を持っている。
そして巻末に、中沢新一×いとうせいこう×津田大介という、三者の対談が収録されている。
というような構成です。
僕としては、ソーシャルネットワークに関係する本ということで、佐藤尚之「明日のコミュニケーション」と比較しないではいられないので、まずその比較をします。「明日のコミュニケーション」はもう大分昔に読んだので、結構印象論で話をすることになりますけど、ご容赦ください。
電通からフリーになった佐藤尚之氏による「明日のコミュニケーション」では、『共感』をテーマにソーシャルネットワークを切り取った。元電通ということで、今も広告全般に関心がある人で、ソーシャルネットワークを『共感』というキーワードで切り取り、それが広告の世界にどんな影響を与え、広告がどんな風に変わっていくのか、ということが描かれている作品です。
広告、というけれども、結局広告というのは『人をどう動かすか』です。そういう意味で、『動員』をキーワードにソーシャルネットワークを描く本書と近いものはある。「明日のコミュニケーション」では、『共感』をキーワードに、いかに『動員』されてしまうのかが描かれているのに対して、本書では、『動員』をキーワードに、その背景にある『共感』をいかにネット上だけのものにしないか、という観点からソーシャルネットワークが切り取られる、という違いでしょうか。

感想

本書でも描かれているように、これまでウェブ上での『共感』は、そもそも数字として現れることもなかったし、ましてお金になることなんてありえなかったけど、それが実現出来るようになった。それは確かに、『動員』の先を行く、もっと可能性を秘めた革命になりうるな、という感じがしました。
というわけで、冒頭で書いたように、ある程度ソーシャルネットワークに関する肌感覚を理解している人向けという感じがするけども、内容的にはなかなか刺激的で面白いです。特にクラウドファンディングに関する話は、非常に面白く読みました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く