感性の限界(高橋昌一郎)の書評・感想

1400views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
感性の限界 不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

本書は、高橋昌一郎の<限界>シリーズ第三弾です。
まずこの<限界>シリーズがどんな感じの作品なのかについて書きましょう。
本書は、架空のシンポジウムが開かれ、そこに様々な専門家や一般人が交じり合って様々な学問分野についてあーだこーだ議論をする、という形態を取っています。本書には、「ロマン主義者」「哲学史家」「科学主義者」「軍事評論家」「美術評論家」「急進的フェミニスト」など、ありとあらゆる分野の専門家が登場し、それぞれが自らの立ち位置から様々な主張をします。その一方で、「会社員」「運動選手」「大学生A」など、専門家ではない一般人も多数登場し、ごく普通の目線から思ったこと・感じたことを発言していく。そしてそれらを「司会者」が交通整理し、今すべき議論に焦点を絞って議論を進めていく、という感じの作品です。こう書いても、なかなかイメージしにくいだろうから、本屋でパラパラってページをめくってみてください。色んな人が会話をしながら議論が展開していってるんだなぁ、というのがわかると思います。
これまでの限界シリーズでは、「理性の限界」では主に科学や数学など理系的な学問について、「知性の限界」では主に哲学的な分野について議論が展開されたのですが、本書ではメインとなるテーマは、「愛」と「自由」と「死」。特定の学問分野について特化することはなく、むしろ明確な学問領域を設定しにくい事柄(これを本書では、「感性の問題」という形で扱っているんだと思う)について議論される内容で、そういう意味でこれまでのシリーズ以上に様々な分野に議論が波及していく展開になります。
どんな内容なのかについては後で触れるとして、「おわりに」で著者が書いていた文章をまず引用します。

『それまでの「限界シリーズ」と同じように、本書の最大の目標は、なによりも読者に知的刺激を味わっていただくことにある。』

僕もまさに、このシリーズの素晴らしさはそこにあると感じています。扱われている内容ももちろん面白いし刺激的なんだけど、それ以上に、専門家と一般人が議論を展開していくというスタイルで様々な学問分野を切り取っていくというスタイルは実に斬新で、しかも効果的だと思う。まあ、このスタイルは、高橋昌一郎が訳を担当した、レイモンド・スマリヤンの「哲学ファンタジー」という作品で登場していて、恐らく高橋昌一郎オリジナルのアイデアではないんだろうけど、まあそんなことはどうでもいい。正直僕は、「哲学ファンタジー」の中でされていた議論よりも、高橋昌一郎が<限界>シリーズの中で展開させる議論の方が、より洗練されていると感じるんですね。立場も考え方もまるで違う様々な専門家の立ち位置をそれぞれきちっと把握して発言させ、同時に全体としてきちんとした方向性のある議論になるように全体を調整するというのは、もの凄く才能を必要とすることだなとおもいます。そしてその高橋昌一郎が生み出す議論は、単一の学問領域について触れられている本、あるいは複数の学問領域に触れられていたとしてもそれぞれが有機的に結びついていない本を読むより、遥かに知的好奇心に満ちあふれている。本書で扱われている内容それぞれには、読者の興味・関心によって好き嫌いは出てくるだろうと思う。でも、これほどまでに自然に一つの学問領域から別の学問領域へと有機的に興味を移行出来、また様々な立場の意見を同時に知りつつ、自分自身も議論に参加した気になれるような作品というのは他に思いつかないし、その議論のスタイルが生み出す知的興奮こそが本シリーズ最大の魅力だと僕は思います

感想

そういう感覚は、なかなか捨て去ることは難しいだろうと思います。特に、「科学」というものに特別関心がなかったり、触れる機会がなかったりした場合、それはより顕著になるでしょう。それに対処するためにも、本シリーズはうってつけだと思います。本シリーズでは、様々な学問領域の『限界』について触れられる。それぞれにどんな『限界』が存在しているのかを知ることは、物事を深く理解する手助けにもなる。
個人的な感覚では、やっぱり一番好きなのはシリーズ第一作目の「理性の限界」ですけど(物理とか数学の話がメインだったからだろうなぁ)、シリーズ通してやっぱり、知的興奮に満たされる作品だと思います。シリーズを読まずにいきなり本書からでももちろん大丈夫だけど、本書の中には「理性の限界」「知性の限界」に言及する箇所がいくつか出てくるので、読んでいるとより面白いかもしれません。是非読んでみてください!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く