ココロ・ファインダ(相沢沙呼)の書評・感想

803views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロ・ファインダ

本書は、高校の写真部の女子四人、野崎鏡子(ミラ子)・日比野カオリ・天野しずく(シズ)・秋穂を中心にした、四篇の連作短編集です。

「コンプレックス・フィルタ」
鏡子は、自分のことが好きじゃない。自分の名前が嫌い。鏡なんて、見たくない。いつ見ても、顔色の悪い、特に可愛くもない女の子がそこにいる。好きな男の子が出来た。でも。
鏡子にとって、カオリと親友というのは凄く誇らしい。カオリは人気者で、凄く可愛い。写真部の天才・シズも、よくカオリをモデルにして写真を撮っている。カオリは、カメラの前で自然に笑える。服も、何を着ても可愛い。鏡子はうっかりすると、カオリに対して嫉妬のような感情を抱いてしまう。
カオリが、写真部に顔を出さなくなった。
どうも、シズと何かあったみたい。でも、シズとカオリは仲がいいはず。何があったんだろう?

「ピンホール・キャッチ」
秋穂は、友達の輪にうまく混じれない。席が近かったからという理由で、リサちゃんや志保ちゃんのグループに入れてもらったけど、二人が話すキラキラした会話には、なんかついていけない。服もどんな風に選んだらいいかわからないし、ボウリングの楽しみ方もわからない。
ミラ子先輩のSDカードに、ミラ子先輩は撮った覚えはないデータが入っていた。写真部の誰に聞いても、そんな写真撮った覚えはないという。校内の壁を撮った写真。窓ばかりのこの校舎の中で、その壁の写真は、なんだか落ち着かせてくれる。

「ツインレンズ・パララックス」
カオリは写真部の顧問の先生から、二眼レフのオモチャをもらう。初めて見た。上から覗くなんて、ちょっと楽しい。先生には、フィルムで撮るのが好きなくせにお前現像しないんだから、たまにはちゃんとやれよ、って言われちゃったけど。
カオリは、写真を撮るのが好きだ。シャッターを押すのが好き。そして、写真を撮ってもらうのも好き。笑ってると、なんか、生きてるって感じがする。
クラスでハブられてるみたいな中里さん。なんかクラスが嫌な雰囲気で、だからカオリはシズに、中学時代の「映子(仮名)」の話をしてしまう。

「ペンタリズム・コントラスト」
「もういい加減、写真で遊ぶのは控えたらどうなの?」
シズは、母親にそんな風に言われる。受験生。だから、勉強しなくちゃいけない。学校の授業よりも数段先を行く予備校で、必死にトップのクラスを維持してるけど、でももう限界。部室にも最近、全然顔を出せてない。
いい大学に行けない、って言われるけど、どうしていい大学に行かなくちゃいけないの?
文化祭で展示した写真を片付けるようにミラ子に言われてて、久しぶりに部室に行く。マスキングテープで留められた写真を見ていると、あることに気づいた。一枚だけ日焼けしてる。インクジェットプリンタで印刷したものなら、日光に当たると日焼けするけど、これは写真屋で銀塩プリントしてもらったやつだからそう日焼けはしないはず。
誰かがすり替えた?

というような話です。
メチャクチャいい作品でした。前半二作はさほどでもなかったんだけど(でも好きです)、後半二作がヤバイ。メチャクチャいい。どっちも泣きそうになったもんなぁ。特に、シズの話が素晴らしい。

感想

僕は、シズのことが羨ましい。「写真、やめたくない」と、全力で、壊れるほどに、心の底から叫ぶことが出来るシズを、羨ましく思う。僕にもあったらよかった。シズのように、全力で、壊れるほどに、心の底から「やめたくない」と叫ぶことが出来る何かがあれば。シズはきっと、前に進めるだろう。たとえどれだけ寄り道をしたところで、自分が辿り着きたいと願う場所に、もしそれが無理でも出来る限りその近くまで、シズは辿り着くことが出来るだろう。その強さが感じられる作品で、僕はシズのことが羨ましい。
なんか本当に、凄くいい作品でした。ミステリかどうかってことは、あまり考えないで読んでもらえるといいと思います。正直、『ミステリ』のぶ分だけ抜き出しても、さほどどうということのない作品です。本書は、謎・謎解き・主人公たちの悩みが絶妙な形で交じり合うその構成が見事で、後半二作は本当に素晴らしいと思いました。是非読んでみてください

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く