仕事は99%気配り(川田修)の書評・感想

1600views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事は99%気配り (朝日新書)

本書は、現在プルデンシャル生命保険の営業職のトップであるエグゼクティブ・ライフプランナーであり、全国2000人中第一位の営業成績を達成し、新卒で入社したリクルートでは、入社から退社までの96ヶ月のうち月間目標を95ヶ月達成したという著者による、営業のためだけではない、仕事のためだけではない「気配り」の大切さについて書かれている作品です。
本書は、著者自らが実践していることは、実はそれほど書かれていないんです。恐らくそういう話は、著者のデビュー著書である「かばんはハンカチの上に置きなさい」で書かれているんだろうと思います。
そういう意味で本書は、営業マンやサラリーマンに直接ノウハウを伝授するような、そういう作品ではない。だからこそ、営業マンでもサラリーマンでもない人にも読む価値のある作品になっているのだろうと僕は思います。
本書は、著者が営業に行く先々で経験したこと、プライベートで飲食した時の経験、出張でのホテルでの経験などと言った『著者自身が気配りを受けた経験』について語っている作品です。
そういう意味で、とてもビジネス書っぽくない。普通ビジネス書って、「自分はこんなことをやってきました」というようなことを語るものだと思うけど、本書はそういう話はむしろ少ない。「私は色んな場面でこんな経験をしました」という話を色々とするんですね。この本の構成そのものも、なんだか気配りに満ちているような、そんな感じがしました。
上記したような作品なので、内容紹介を非常にしにくいんですね。全部で5つの章がありますけど、うち初め4つの章は、こんな気配りを受けたことがあります(あるいはこういう場面で気配りがあるとよかったなぁ)というような具体的な経験が語られます。そして最後の5章だけは、著者自身が、自分は具体的にこういう風にしている、それはこういう理由からだ、ということを語る内容になります。前半の4つの章については、こういう話がありました、こんな話もありました、と書いていっちゃうとほとんどの事例を紹介しちゃいそうなんで、、一つだけ。
ある会社の社長は、年に一回社員の家族も読んで表彰式を行う。そこで、最優秀に選ばれた社員とその家族を壇上に上がってもらい、そしてその奥さんを「一年間ご主人を支えてくれてありがとうございます」と社長自らが表彰するのだそうです。
こういう、色んな会社が社員に対してや、あるいは自社にやってくる営業マンに対する気配りも書かれるのだけど、もっと身近な、居酒屋でこんなことが、ホテルでこんなことが、というようなものもある。一つ一つの話が凄く具体的で、凄く些細なんだけど、でも感覚として分かる。そのほんの僅かな違いが、受け手に届いた時はもの凄く増幅される、ということが凄く分かる。どの話も、やっている現象だけ取り上げれば、大したことではないものが多い。ただ、大したことではないことをずっと続けられること、そして大したことではないことを大したことではないからと言って止めてしまわないこと、その凄さが伝わってくる感じがします。

感想

分量も多くないし、サッと読めちゃう作品だと思いますけど、中身は濃いです。読めば、自分の中の意識は間違いなく変わるだろうと思います。そこからそれをどう行動に結び付けられるかは人それぞれでしょうけども。僕も、実践がどこまで出来るかはわからないんだけど、本書に書かれていることを時折思い出して、気配りというものを意識出来るように心がけたいと思いました。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く