ハーバード白熱日本史教室(北川智子)の書評・感想

1501views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハーバード白熱日本史教室(新潮新書)

本書は、九州の高校を卒業後、カナダの大学で数学と生命科学を専攻するが、日本語が読めるというだけの理由で手伝っていた日本史の教授から、大学院で日本史を勉強しないかと勧められ、それをきっかけにして現在ハーバード大学で日本史を教える人気教師になった著者のこれまでの来歴を綴った作品です。
この著者、これと3歳しか違わないんだよなぁ。それで、ハーバード大学の教授だもんなぁ。すげぇもんです、ホント。
先に書いておくと、本書は『どんな観点から本書を捉えるか』によって大分評価が変わるだろうと思います。その辺りについても、後で詳しく書くつもりです。
著者は大学院へ進むことが決まった際に、ハーバード大学の夏期留学を思い立ち実行する。お金がなかった著者は、ハーバード大学で日本史の授業だけに絞って聴講するのだけど、著者はそこに強い違和感を覚えた。
それは、ハーバード大学で教えられる日本史が、ほぼすべて「サムライ」を軸にしたものだった、ということだ。これはハーバード大学に限らず、アメリカの大学では標準的なもののようだ。
そんなあり方を疑問に感じつつ、卒論も通常よりも大分ハイスピードで駆け抜けた著者は、様々な経緯を経てハーバード大学の教授に就任する。本書執筆時点で就任三年目、元々若い上に見た目も年齢以上に若く見られるために、就任一年目は大学内にいても教授だと思われないどころか、学部生と間違われてもおかしくないような感じだったという。
そんな中で始まった一年目から、徐々に受講生が増え、三年目では251人というとんでもない数の受講生がやってくる超人気講座になるまでの著者の歩みを描くのが大体第一章。
第二章は、著者が「Lady Samurai」と名付けている講義の紙上出張版。男中心の「サムライ」視点でしか語られなかった日本史を、女性視点も織り交ぜることで新しい史実を浮かび上がらせるやり方が解説されます。
第三章は、ハーバード大学の評価システムについて。教授が生徒をどう評価するか、だけではなく、生徒が教授をどう評価するか、という部分もあり、著者は自身の講座で、普通は得られないような高評価を得、「思い出に残る教授」賞なんかを受賞したりもしているという。ここでは、著者がどんな発想で講義を組み立てているのか(どうやってそんなに高い評価を得ているのか)という自己分析が描かれます。
そして最終章では、著者が「Kyoto」という名でやっている講座の紙上出張版。これは、1542年から1642年の100年間について、京都を中心に日本史を考える授業で、ラジオや映画を製作させるという斬新極まりない授業スタイルが語られます。
というような内容です。
さて、冒頭で僕は、本書はどういう視点から見るかによって評価が変わる作品だ、と書きました。まずその話をしましょう。
本書は、『日本史を教えている日本人教授』という視点から見ると恐らくあまりいい評価にはならないでしょう。一方で、『生徒をいかにやる気にさせて講義そのものやその内容に関心を持たせるか考え続けている教授』という視点から見ると、物凄く面白いしためになると思います。
先に、僕なりの批判から書きましょう。

感想

「奇跡の国語教室」を読んだ時も思ったけど、こんな風に歴史を教えてもらえたら、歴史が好きになってたかもなぁ、と思います。まあ、ラジオ番組や映画作りの課題にはたぶん、泣きそうになると思いますけど(笑)僕と3歳しか違わないハーバード大学教授の、ぶっ飛んだ人生と飽くなき創意工夫を続ける意志みたいなものが描かれます。本書で描かれる日本史の中身については賛否両論あるだろうけど、何かを教えるということについての可能性を広げてくれる一冊だと思います。是非読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く