本鹿 鋤のページ

本鹿 鋤
Webサイト
自己紹介
五術(命・卜・相・医・山)に関心があります。

自分にとって本とは、「ただ真面目なものではなく、権威でもない。遠くにいて寄り添ってくれる、近くにいて語りかけてくれる、辛く当たっても決して怒らない親友のようなもの」です。

最新まとめ

スタイリッシュでお洒落なハードボイルド小説!

 八月下旬、神奈川県警捜査一課の刑事・二村永爾は、小峰一課長から電話で指示を受け、或るバーへ向かった。昼下がりの一杯を嗜めると思ってやってき
閲覧数:7790お気に入り数:1

未だ色褪せない経済学の名著!

ブルース・コールドウェルの序文第1章放棄された道第2章偉大なユートピア第3章個人主義と集産主義第4章計画の「必然性」第5章計画と民主主義第6
閲覧数:6565お気に入り数:0

芥川龍之介独特の解釈で書かれた「日本人論」

 主人公は、布教のため来日して数十年になる宣教師パドレ・オルガンティーノ。 夕暮れ時、京都・南蛮寺の庭に生える様々な樹木を眺めながら、オルガ
閲覧数:4009お気に入り数:0

>本鹿 鋤さんのまとめをもっとみる