thanks318のページ

thanks318
Webサイト
自己紹介

最新まとめ

発達凸凹についての本:杉山先生(2011)

素因レベルとして発達障害を持つ人は障害レベルの5倍以上は存在する。それでは、高頻度に増悪を引き起こす環境因は発達障害において存在するのか、そ
閲覧数:1240お気に入り数:0

父が「象の消滅」を読むことについての記録

私は村上春樹の短編、長編、エッセイ、インタビュー、ノンフィクションなどおよそほとんどの作品を読むのがとても好きである。ひきかえ私の父は数十年
閲覧数:1476お気に入り数:0

治療者が知っておかなければならないとても大切なこと

Ⅵ章の2では、治療者の持つ二重性について語られる。「臨床ではあらゆるセラピストが対象として興奮させて、同時に拒否的であり、対象全体としてアン
閲覧数:1589お気に入り数:3

>thanks318さんのまとめをもっとみる