絵本

子供に読んであげたいおすすめの絵本のまとめ、書評、感想を紹介しています。

バムとケロのそらのたび

ひこうきにのって、おじいちゃんの家に行こう。

げつようびの朝、山のような小包が届いた。おくってくれたのはおじいちゃん。中身はなんと組み立てしきの飛行機。土曜日の夜にやっと完成。おじいちゃ

hiryuuhiryuu
824viewsお気に入り数:0
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

赤ちゃんから幼児におすすめ、きんぎょがにげた

きんぎょがにげた。あれあれ?どこかな~?ページをめくると、金魚がイチゴにまぎれてかくれていて、食べられそうになると、あっ!またにげた!こんど

hiryuuhiryuu
785viewsお気に入り数:0
もりのてがみ (こどものとも傑作集)

ひろこさんは、寒い冬の日、手紙を書きました。森にスミレがさいたら、もみの木下で待っでいます。

風の日、雪の日、外で遊べないとき、ひろこさんはストーブのそばで友達に手紙を書きました。「石を拾っていたとき会ったトカゲ様」お元気ですか?尻尾

hiryuuhiryuu
906viewsお気に入り数:0
どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

ちびウサギは、デカウサギに聞いてみたくなった、どんなに君が好きだかあててごらん。

ちびウサギが、デカウサギに聞いてみた。「どんなに君が好きだかあててごらん?」と。「そんなことわからないよ」とデカウサギ。「こんなにさ」ちびウ

hiryuuhiryuu
803viewsお気に入り数:0
いいこってどんなこ?

ねえ、おかあさん、いいこってどんなこ?

ウサギのバニーぼうやがおかあさんに尋ねます。いい子ってどんな子?泣かないのが良い子なの?強い子がいい子?怒らないのがいい子?馬鹿な子は嫌いだ

hiryuuhiryuu
876viewsお気に入り数:0
バムとケロのおかいもの

ケロちゃんが早起きした日はお買い物の日。車に乗って市場へでかけよう!

いつも朝寝坊のケロちゃんが、今朝はちょっと違う。今日は月に一度のお買い物の日。八百屋さんの隣に、変わったお店があった。お店には、不思議な動物

hiryuuhiryuu
974viewsお気に入り数:0
バムとケロのさむいあさ

今日はとっても寒い日、お家の裏の池がきっと凍っているから、遊びに行こう!

バムとケロちゃんが、裏のお池に遊びに行くと、あひるが池と一緒に凍り付いていた。お家につれて帰って、一緒にお風呂に入って氷を溶かしてあげます。

hiryuuhiryuu
766viewsお気に入り数:0
こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

生まれたときから一緒の、こんとあきの小さな冒険

こんは、あきが生まれた日からずっと一緒。あきはだんだん大きくなって、こんは、だんだん古くなって・・・。ほころびて綿が出てきてしまいます。おば

hiryuuhiryuu
865viewsお気に入り数:0
ガマ王子vsザリガニ魔人―「Paco パコと魔法の絵本」より

子供がはまったガマ王子のキャラクター

ガマ王子VSザリガニ魔人のお話は、映画、「パコと魔法の絵本」に出てくるキャラクターたちです。わがままなガマ王子は威張って池の家来たちをいじめ

hiryuuhiryuu
849viewsお気に入り数:0
おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

たった10分で寝かしつけ!魔法の絵本

おやすみ、ロジャー魔法のぐっすり絵本は、子供を寝かしつけるときに読むと、リラックス効果もあり、自然と眠くなってしまう不思議な本です。その秘密

hiryuuhiryuu
777viewsお気に入り数:0
ぼくぱぐ

心がほっこり、子供に読んであげたい本

鉛筆で描かれた、リアルだけれども愛嬌のあるパグ。一人ぼっちで寂しいパグが、家族を捜し求めるお話。パグの表情や、後姿からも、パグの心境が伝わっ

hiryuuhiryuu
970viewsお気に入り数:0
わたしは生きてるさくらんぼ―ちいちゃな女の子のうた

私とアイデンティティ感覚

『私は生きてるさくらんぼ』という絵本がある。ちいさな女の子が、その日にみた景色、人々、色彩の中にとけこむように、「わたしは 木 わたしは 猫

thanks318thanks318
1147viewsお気に入り数:0
三びきのコブタのほんとうの話―A.ウルフ談 (大型絵本)

そりゃ、オオカミにだって言い分はあるよね

3びきのこぶたの真相をオオカミの視点から描いた絵本。おおかみは、大好きなおばあちゃんのためにバースデーケーキを作っていた。しかし途中で砂糖が

yamaboushiyamaboushi
1244viewsお気に入り数:0
ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった

本当の自分をとりもどすことができた女の子の話

周りの子からどのように見られるかが、気になって気になって仕方がないカミラは、大好きなリマ豆を食べることができません。なぜなら、クラスの子に笑

yamaboushiyamaboushi
1215viewsお気に入り数:0
はるがきた (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

はるをみんなでつくろうよ!⇒『はるがきた』

【対象年齢:3歳から】春はもうすぐです。でも、街はまだ灰色で、街路樹も枯れ木のまま。街の人々は街の色と同じ、灰色の気分でした。その時、ある男

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
1498viewsお気に入り数:0
クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

小さい子にも読み聞かせできるクリスマス本♪

【3歳から】ある日男の子が縁側の下をのぞくと、そこには不思議なはこが。開けてみると、その中ではサンタクロースが眠っています。その箱をこっそり

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
2109viewsお気に入り数:1
かようびのよる

かえるが飛ぶ!?ほとんど文字がないまさに絵本~未就学児から高学年まで幅広い読み聞かせに~

【対象年齢:5歳から高学年まで】火曜日の夜、なんと蓮の葉にのって、かえるが飛んだ!そして、街にくりだして、彼らがすることとは…。

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
1898viewsお気に入り数:0
きんようびはいつも

すてきなコミュニケーションの取り方が絵本でわかる!

【対象:大人】ぼくは金曜日が大好き。朝早く起きて、パパと一緒に出かけて、外で一緒に朝食をとるんだ。その日は、ゆっくり朝食をとりながら、たくさ

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
1927viewsお気に入り数:0
とうさんはタツノオトシゴ

絵本と図鑑の架け橋になる本~『はらぺこあおむし』の作者が描く子育てする魚がたくさん出てくる本~

【対象年齢:4歳から】タツノオトシゴのかあさんが、とうさんのポケットに卵をたくさん産みました。とうさんが海をただよっていくと、そこにはタツノ

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
1961viewsお気に入り数:0
すえっこおおかみ

ゆっくり大きくなっていいんだよ~おとうさんが出てくる読み聞かせ絵本~

【対象年齢:4歳から】とうさんおおかみが、はらっぱで遊んでいる子どもたちを見ていると、1ぴきだけ遊んでいない子が。それは、すえっこおおかみ。

読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法
2534viewsお気に入り数:0