ライトノベル

今人気のラノベ作品を中心としたライトノベルのまとめ、書評、感想などがわかります。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII (電撃文庫)

内に火種を抱え込む国境線。「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII 」の書評・感想

 アルデラ教を国教とするカトヴァーナ帝国の高等士官候補生であるイクタ・ソローク、ヤトリシノ・イグセム、トルウェイ・レミオン、マシュー・テトジ

くまくまくまくま
1417viewsお気に入り数:0
天鏡のアルデラミン―ねじ巻き精霊戦記 (電撃文庫 う 4-4)

皇女が設定する奇妙なゴール。「天鏡のアルデラミン」の書評・感想

 アルデラ教を国教とするカトヴァーナ帝国では、人々はそれぞれ自分に適した四大精霊のいずれかを相棒とし、そのエネルギーを利用して生活している。

くまくまくまくま
1406viewsお気に入り数:0
ドラフィル!〈2〉竜ケ坂商店街オーケストラの革命 (メディアワークス文庫)

音楽でしか消せないしこり。「ドラフィル!〈2〉」の書評

 竜ヶ坂商店街フィルハーモニーというアマオケの指揮者である一之瀬七緒の下でコンマスを続けることにした藤間響介に、父親の藤間統から電話がかかっ

くまくまくまくま
1145viewsお気に入り数:0
翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上

望みとは違う隠居。「翼の帰る処 4」の書評・感想

 四大公家の《灰熊公》から《金獅子公》に譲られるはずの馬を横取りしたことを発端として、四の君と五の君は真上皇帝により粛正された。庇った北嶺王

くまくまくまくま
889viewsお気に入り数:0
大日本サムライガール 3 (星海社FICTIONS)

拡大の一途。「大日本サムライガール 3」の書評・感想

 神楽日毬の人気はとどまるところを知らず、彼女の主宰する政治結社である日本大志会の党員も四千名を超えた。ひまりプロダクションの経営状態は超健

くまくまくまくま
1122viewsお気に入り数:0
大日本サムライガール 4 (星海社FICTIONS)

論客少女、二人。「大日本サムライガール 3 」の書評・感想

 政治結社である日本大志会の会員は一万人を突破し、会長である神楽日毬には、政治討論番組の司会者の仕事も決まった。正統なる右翼を主張する神楽日

くまくまくまくま
1421viewsお気に入り数:0
悲痛伝 (講談社ノベルス)

科学ヒーロー×魔法少女×脱出ゲーム×ミステリー=『悲鳴伝』

科学ヒーロー×魔法少女×脱出ゲーム×ミステリー=『悲鳴伝』「大いなる悲鳴」によって人類の3分の1が死滅した。しかし、「大いなる悲鳴」は地球に

books_jp_botbooks_jp_bot
1182viewsお気に入り数:0
偽物語(下) (講談社BOX)

偽物語(下) の名言

 物語シリーズの5冊目で、「にせもの」と「ほんもの」のお話の下巻です。これも名言を見て、ピンと来るものがあったら、上巻とともに、是非是非読ん

violetReadervioletReader
24415viewsお気に入り数:2
偽物語(上) (講談社BOX)

偽物語(上) の名言

 物語シリーズの4冊目で、「にせもの」と「ほんもの」のお話です。名言を見て、ピンと来るものがあったら、是非是非読んで欲しい作品です。あらすじ

violetReadervioletReader
24922viewsお気に入り数:1
ドリームワールド 記憶共有世界 ―The bigdata simulator machine―

エンターテイメント界を覆う閉塞感の霧とその打破としての進化系ジャンル「ニューライトノベル。」

かつて様々な娯楽ポップカルチャーは、メインカルチャーである政治経済の問題点をあぶり出し大衆の共通認識化するという工程を生み出す事で、人々に人

D  MitoD Mito
102426viewsお気に入り数:0
オーバーロード1 不死者の王

究極至高の俺TUEEEに洗練されたイラストを添えて【オーバーロード1 不死者の王】

Web版が俺TUEEE系至高の作品としてもてはやされる中、主人公のアインズが精神的YOEEEであるため少なくないアンチを生み出していないこと

suitasuita
1909viewsお気に入り数:0
カゲロウデイズII -a headphone actor- (KCG文庫)

なんともまとめにくい作品!カゲロウデイズIIの書評・感想

ボカロファン以外にも反響を与えた作品の待望の続編まさ高校生の少年と少女の物語。エネは一体「何」なのか。この作品の語る過去によって、それが全て

もあふりーもあふりー
1290viewsお気に入り数:0
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)

咲良田という能力者が集う街。サクラダリセットの書評

「サクラダリセット」のサクラダというのは舞台となる咲良田という能力者が集う街の名前。リセットはその街に住む春埼美空の世界を三日間前に戻す能力

駄目人間07号駄目人間07号
1928viewsお気に入り数:0
憑物語

憑物語の面白あらすじまとめ

あらすじ戦:ところで、こよこよ阿:ちょっと待てっ、戦場ヶ原さん!? いきなり、登場したばかりのあだ名で呼ぶなよ  こんな人前じゃあ、さすがに

books_jp_botbooks_jp_bot
3473viewsお気に入り数:0
楽聖少女 (電撃文庫)

楽聖少女の書評・感想

 嵐の日の学校の図書室にいた二十一世紀の少年は、突如現れた悪魔メフィストフェレスにより「ユキ」以外の名前を奪われ、十九世紀の欧州に連れて来ら

くまくまくまくま
1613viewsお気に入り数:0
大日本サムライガール 2 (星海社FICTIONS)

大日本サムライガール 2の書評・感想

 日本最大の広告代理店である蒼通を辞めた織葉颯斗は、防衛省前で演説をしていた、日本にただ一人の真正の右翼を名乗る女子高生の神楽日毬の政治活動

くまくまくまくま
1581viewsお気に入り数:0
羽月莉音の帝国 9 (ガガガ文庫)

羽月莉音の帝国 9の書評・感想

 スタインバーグ財閥のローザから差し伸べられた、世界の中枢へ参加するための招待を断ってしまった羽月莉音と巳継には、もはや入念な準備をするため

くまくまくまくま
1340viewsお気に入り数:0
原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄の書評

 六本木にたどり着いた家出少年と、彼に声をかけた少女が、六本木の街で鬼ごっこをする中で、互いの過去が回想されていく。キリスト教的なネーミング

くまくまくまくま
1138viewsお気に入り数:0
アイドライジング! (電撃文庫)

アイドライジング!の書評・感想

 最新アイドルは歌って踊るだけじゃない。企業の最先端技術を結集して作られたバトルスーツを身にまとい、アイドル少女たちがキャットファイトを繰り

くまくまくまくま
1309viewsお気に入り数:0
ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち (角川つばさ文庫)

ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たちの書評・感想

 青銀の賢者サフィールに導かれ、湖畔の古城ホテル「マルグリット」にやって来た4人の少女たち。ピィ・キキラーチェは魔女の山を追放された魔女、ジ

くまくまくまくま
1334viewsお気に入り数:0