ライトノベル

今人気のラノベ作品を中心としたライトノベルのまとめ、書評、感想などがわかります。

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

あり得ない設定だが、違和感なく引き込まれる。堂上教官が素敵すぎ。

近未来の日本。「有害」図書の検閲が法律で認められるようになり、書店や図書館で、「良化特務機関」なる政府組織により、本が狩られるように。それに

fukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29
305viewsお気に入り数:0
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)

イリナが実在していたら…

いわゆる「ラノベ」の類は初めて読みました。ラノベといっても、アニメ調の挿絵が多いわけでもなく(イメージが浅くてすみません。。)、きちんとスト

enoenoenoeno
508viewsお気に入り数:0
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

まーちゃん、キミは何で、あの子たちを誘拐したんですか。

  「まーちゃん、世界で一番君を✖✖してる。嘘だけど」物語の始まり 御園マユ。 僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひ

ひかげぼん発掘ひかげぼん発掘
607viewsお気に入り数:1
からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)

導かれるあなたには道なしが憑いていますよ。

舞台は現代の古都京都。天道に行く資格があるにも関わらず、この世に未練が残り、人間に憑く道なしたちを、天道に導くため、冥府の役人小野篁は、後継

yurika.teramoto0707yurika.teramoto0707
504viewsお気に入り数:0
フォーチュン・クエスト―世にも幸せな冒険者たち (角川文庫―スニーカー文庫)

ライトノベルの初期の初期。

 作品は(いちおう)「剣と魔法」の世界観を継ぎつつも、かなりまったりめ。 落ちこぼれ冒険者たちが、レベルアップそこのけで困っている人(やモン

kimidori608kimidori608
829viewsお気に入り数:0
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精<シュガーアップル・フェアリーテイル> (角川ビーンズ文庫) [kindle版]

砂糖技師と黒の妖精

妖精を使役する国、ハイランド国。人間は妖精を使役し、奴隷として扱う日々を送る中、砂糖技師を目指す一人の少女がいた。彼女は妖精商人から妖精戦士

sl.ouka3112sl.ouka3112
1073viewsお気に入り数:0
世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

あなたなら、世界から何を消しますか?

郵便配達員の僕は、微熱が続き、頭の右はじがジリジリと痛んでいた。2週間が経ち、いよいよ治らないということで病院に行くことにした。そしたら、脳

kaerumamakaerumama
1423viewsお気に入り数:0
覆面竜女 巫女は紡ぐ、聖なる天衣 (コバルト文庫)

嫌味なやつら

 魑魅魍魎に襲われる人間を憐れんだ天帝陛下が地に下した一輪の花は、一人の天女と八本の神剣に変じた。天女が織った衣は魑魅魍魎を遠ざけ、神剣を授

くまくまくまくま
891viewsお気に入り数:0
強運の持ち主 (文春文庫)

刺激がないとか悶々とした人におすすめ

吉田幸子。通称、ルイーズ吉田。3年前より、ショッピングセンターの片隅で占い師をやっている。短大卒業後、勤めた会社で上司との折り合いが悪く半年

kaerumamakaerumama
1080viewsお気に入り数:0
タイムスリップ紫式部 (講談社文庫)

源氏物語をなんとなく知っている人も楽しめます

あらすじ女子高生の魂が、平安時代にタイムスリップ!なんと紫式部の体に宿ってしまった。それだけでも驚きなのに、最高権力者、藤原道長が殺されてし

みるく抹茶みるく抹茶
868viewsお気に入り数:0
エレンディール-剣の聖女・第2章 (シナリオノベルシルーズ2)

斬新な一冊! 小説が、嫌いな人でも読める小説。ゲームや漫画に近い感覚で、すらすら読める!

 斬新な一冊! 小説が、嫌いな人でも読める小説。ゲームや漫画に近い感覚で、すらすら読める!この本、華宮ゆう士(著)「エレンディール-剣の聖女

iwj00iwj00
1038viewsお気に入り数:0
know (ハヤカワ文庫JA)

know(野崎まど)の書評・感想

『天才』を描くことは、とても難しい例えば僕達がまだ身近に感じられる天才の中に、棋士がいる。棋士の天才性を理解することは、まず前提として自分が

黒夜行黒夜行
1310viewsお気に入り数:0
アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)

アンゲルゼ最終巻 永遠の君に誓う ――正隆さん、おねがい私を食べて――

概要ジャンル ダークファンタジー、ホラー、軍隊、SF、ラブ、バトル要素ありの小説です。作者 須賀しのぶ  イラスト 駒田絹集英社コバルト文庫

セナセナ
811viewsお気に入り数:0
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)

アンゲルゼ第3巻 ひびわれた世界と少年の恋 ――どうか、にんげんの私を覚えていて――

概要ジャンル ダークファンタジー、ホラー、軍隊、SF、ラブ、バトル要素ありの小説です。作者 須賀しのぶ  イラスト 駒田絹集英社コバルト文庫

セナセナ
682viewsお気に入り数:0
鬼物語 (講談社BOX)

鬼物語の迷言!?

 シリーズ11冊目の作品で、阿良々木暦と八九寺真宵の迷言が楽しめる作品となっています。鬼物語あらすじ“誤解を解く努力をしないというのは、嘘を

violetReadervioletReader
26029viewsお気に入り数:1
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)

アンゲルゼ第一巻 孵らぬ者たちの箱庭 ――恐ろしくも強く、悲しくもやさしいファンタジー―― 

概要ジャンル ダークSFラブホラーファンタジー??二巻からはバトルも!!作 須賀しのぶ イラスト 駒田絹集英社コバルト文庫あらすじ謎の吸血生

セナセナ
924viewsお気に入り数:0
少女不十分 (講談社ノベルス)

少女不十分(西尾維新)の書評・感想

主人公の<僕>は、50作を超える作品を出版し、20歳から10年間作家としてい続け、他に何が出来るわけでもないけど小説を書くことに関してはやり

黒夜行黒夜行
1001viewsお気に入り数:0
1999年のゲーム・キッズ(上) (星海社文庫)

1999年のゲーム・キッズ(渡辺浩弐)の書評・感想

本書は、かつて出版されていた同名小説を再編集して出し直した作品のようです。僕は、星海社文庫版が出るまで本書の存在を知りませんでしたが、本書は

黒夜行黒夜行
711viewsお気に入り数:0
あめの帰るところ (ダリア文庫)

あめの帰るところ(朝丘戻。)の書評・感想

さて、内容に入る前にあれこれ書くことにしよう。著者名で分かる方もきっといるんでしょうけど、本書はBL小説です。人生はつのBL小説です。BLに

黒夜行黒夜行
770viewsお気に入り数:0
理系の恋文教室 (二見書房 シャレード文庫)

理系の恋文教室(海野幸)の書評・感想

本書はBL小説で、前回読んだ、朝丘戻。「あめの帰るところ」に続く、人生二度目のBLです。今回は、「ほら『理系』って書いてあるから買わなくちゃ

黒夜行黒夜行
710viewsお気に入り数:0